2018年 5月 24日 (木)

経営は結果がすべて  「社長の弱点は会社の弱点」と心得よ!(大関暁夫)

印刷

   法人向けにコンサルティングサービスを提供している東証1部上場企業A社の企業向けセミナーに顔を出し、セミナー終了後に創業社長であるS氏のお話を直接うかがう機会を得ました。

   S氏は関西のご出身で、明るくお話上手で商売上手な方という印象ですが、それは恐らく私だけではなくセミナー出席者はじめ氏を知る誰も抱いている印象ではないかと思われます。お目にかかったのが、長時間話をされたセミナー終了直後ということもあり、やや高揚気味の口調でまず「うちのセミナー、いかがでしたか?」という問いかけから始まりました。

  • 社長も日々前進です!
    社長も日々前進です!

「もともと根クラのオタク学生だった」話し上手の社長

「とてもわかりやすい内容で、大変勉強になりました。何より社長の軽妙なお話ぶりには感銘すら受けました。適度なジョークを交えながら、聞き手を飽きさせないお話ぶりは本当に素晴らしかったです。社長はもしや学生時代は落研所属でいらしたのですか」

   これは私の正直な気持ちをお伝えしたまでなのですが、S氏からは意外な答えが返ってきました。

「いやいや、とんでもない。もともと私は根クラの、今で言うところのオタク学生ですよ。どちらかと言えば話ベタ。人前で話をするなんて、その頃は絶対にやりたくないクチです。今は仕事ですから、これはもう嫌がおうにもやらざるを得ないわけで。ウチのような企業は経営者の皆さん相手の商売ですから、やはりこちらも経営者である私が前面に出て話をしないことには信頼感を得られませんから。無理無理やっているわけですわ」

などと言って笑い飛ばす姿からは、およそ無理無理やっている風には思えません。 興味をそそられ、さらに突っ込んで「その真相を知りたい」と質問を続けると、ようやくこんな答えが返ってきました。

「じゃあ仕方ない、タネ明かししましょう。セミナーの私は特訓の賜物なのですよ。それをやらなくちゃいけなくなった時から今に至るまで、プロのトレーナーを付けて特訓をしています。ストーリー展開から、声の出し方、話し方、壇上での動き方に至るまで、プロの力を借りて事細かに組み立ててトレーニングしています。毎回練習をビデオ収録しているのですが、最初は本当にひどかった。でも特訓のお陰で随分上達したとは思います」

   なるほど、傍目には知ることのできない陰の努力がそこにあったのでした。

大関暁夫(おおぜき・あけお)
スタジオ02代表。銀行支店長、上場ベンチャー企業役員などを歴任。企業コンサルティングと事業オーナー(複合ランドリービジネス、外食産業“青山カレー工房”“熊谷かれーぱん”)の二足の草鞋で多忙な日々を過ごす。近著に「できる人だけが知っている仕事のコツと法則51」(エレファントブックス)。 連載執筆にあたり経営者から若手に至るまで、仕事の悩みを募集中。趣味は70年代洋楽と中央競馬。ブログ「熊谷の社長日記」はBLOGOSにも掲載中。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中