2020年 9月 29日 (火)

夏のボーナス2位「スター精密」どんな会社? 支払額でトヨタ上回る

お金のプロだけが知っている、保険を使った賢い貯蓄方法!

   日本経済新聞がまとめた「2018年 夏のボーナス調査」(5月8日時点、中間集計)によると、全産業の1人当たりの税込み支給額(加重平均)は6年連続で増え、前年比4.62%増の82万9786円だった。5月20日に報じた。80万円超えは4年連続。

   好業績を背景に、リーマン・ショック前の2008年の83万1896円に迫った。

  • ランキング第2位の「スター精密」って?(画像は、「スター精密」のホームページ)
    ランキング第2位の「スター精密」って?(画像は、「スター精密」のホームページ)
  • ランキング第2位の「スター精密」って?(画像は、「スター精密」のホームページ)

首位はソニーで約167万円

   好調なボーナスの背景には、企業の好業績に加えて、人材の獲得競争があるとされる。優秀な人材の獲得のため、ボーナスを大幅に見直す動きが目立ってきた。

   総合ランキングをみると、支給額で首位のソニーは27.0%増の166万8500円(平均年齢は開示せず)と過去最高になった。2位はスター精密で、155万5173円(39.6歳)、3位はトヨタ自動車の133万円(38.5歳)だった。

   なかでも、目を引いたのが2位の「スター精密」。インターネットの掲示板などでは、

「スター精密? 初めて聞いた」

といった声があがった。

   スター精密は、静岡市に本社を置く、東証1部に上場する会社。小型プリンター、自動旋盤、カードリーダーライター、腕時計や自動車、空調機械、医療機器用の部品を製造・販売する。工作機械では世界的に高いシェアを持ち、コーポレートステートメントどおりの「小さな技術がつくる大きな世界」を具現化する会社だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中