2018年 10月 17日 (水)

日大アメフト部も東芝も根っこは一緒 不祥事のタネは上司の「保身」にあり!?(大関暁夫)

印刷

   大学アメリカンフットボールの試合でルール違反の暴力行為を働いた選手のプレーをめぐって、その行為が監督の指示によるものだったのではないかという疑惑が社会問題化しています。

   問題のプレーは日本大学のアメフト部の選手が、関西学院大学との試合中に起こしたもの。しかし、このプレーが試合前に監督から「反則をするなら試合に出してやる」「1プレーでしてを壊してこい」との指示に基づいて行われたものであったと、選手本人が会見で明らかにしています。

   この話を他人事ではないと聞いたサラリーマン諸氏も、多かったのではないでしょうか。

  • 監督の指示は断れない……(写真はイメージ)
    監督の指示は断れない……(写真はイメージ)

組織の中で指示を断る勇気をもつには......

   たとえば、大手商社管理職の友人T氏のSNSには、こんな書き込みが。

「組織の中の出来事は基本的に外からは見えないわけで、そこで権力を握っている者が明らかに法令に違反する行為を部下に指示したとしても、指示をうけた側は断固たる態度で断る勇気をもって行動することは本当に難しい。自分の地位と引き換えになるという覚悟をどれだけ持てるか。あるいは、自らの過去からの積み重ねやこれから先の未来をも失いかねない決断を下せるか。そう考えると、この決断に至るのは至難の業です。もちろん違反行為そのものは憎むべきものですが、私は加害者選手に心からの同情を禁じえません」

   さらにT氏は、企業組織における同じ構図の例として、2015年の東芝粉飾決算の問題を引き合いにしていました。

   東芝の問題は、当時の社長が同社の業績を伸ばすことで自身の経営者としての評価を高め、その地位を確固たるものにしようとしたが故に部下に『チャレンジ』という名の下に粉飾を指示し虚偽の好業績を作り上げた、というものでした。T氏は結論として、「怖いものはリーダーの『保身』である」と結んでいました。

   「保身」=リーダーが自らの地位や威光を無理してでも守らんとする気持ち、それが暗黙の違反行為を先導し結果として不祥事を招くということになるのだという意味合いと読み取りました。

大関暁夫(おおぜき・あけお)
スタジオ02代表。銀行支店長、上場ベンチャー企業役員などを歴任。企業コンサルティングと事業オーナー(複合ランドリービジネス、外食産業“青山カレー工房”“熊谷かれーぱん”)の二足の草鞋で多忙な日々を過ごす。近著に「できる人だけが知っている仕事のコツと法則51」(エレファントブックス)。 連載執筆にあたり経営者から若手に至るまで、仕事の悩みを募集中。趣味は70年代洋楽と中央競馬。ブログ「熊谷の社長日記」はBLOGOSにも掲載中。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中