2018年 6月 23日 (土)

ファミマ×ドンキ=どんな店? 「想像つかない」「価格破壊するなら...」

印刷

   コンビニエンスストアの「ファミリーマート」を展開するユニー・ファミリーマートホールディングス(東京都豊島区)と、ディスカウントストア大手のドンキホーテホールディングス(東京都目黒区)は、「ドン・キホーテ」の品揃えや売場づくり、運営手法を取り入れたコンビニ店舗を、2018年6月1日から順次展開する。

   2017年に締結した資本・業務提携に基づく共同実験。6月1日に、ファミリーマート立川南通り店(東京都立川市)と大鳥神社前店(目黒区)をオープン。6月29日には、世田谷鎌田三丁目店」(世田谷区)をリニューアルオープンする。

  • 「ドンキ」の要素を「ファミマ」に注入?(写真は、「ドン・キホーテ歌舞伎町店」)
    「ドンキ」の要素を「ファミマ」に注入?(写真は、「ドン・キホーテ歌舞伎町店」)

まずは東京都内の3か店

   さまざまな業態との競争が激化するコンビニ業界で、ファミリーマートの基本的な売場づくりや品揃えに、ドン・キホーテの強みである地域のニーズに合わせた商品提案や演出・ノウハウを加えることで、顧客満足度の向上に寄与する新たな可能性を検証する。

   ファサード看板には、「Produced by ドン・キホーテ」をデザイン。ドン・キホーテが推奨する日用品や加工食品などの約2800種類を導入する。

   インターネット通販では体感できない、リアル店舗ならではの「買い物の楽しさ」を追求していく。

   また、客数や収益を検証して、1万7000店舗超のファミリーマートへの拡大を検討する。

   「ドンキ」の要素がどのように取り入れられるのか。なかなかイメージがわかない人も多いようで、インターネットの掲示板などには、

「ファミマ好きにはどうなのかな。まったく想像つかない」
「なんか嫌な予感しかしないけど。コンビニを価格破壊してくれるのならいいけど......」

と、戸惑う声が寄せられている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中