2018年 6月 23日 (土)

カジュアルな服装にご用心! 女性の衣替え、ちょっとした気遣いが差をつける(篠原あかね)

印刷

   年々早まるクールビズ。ゴールデンウィークが終わると多くの企業でクールビズがスタートします。以前は6月が「衣替え」の時期と言われましたが、いまではゴールデンウィークを利用して衣替えをする方も多いのではないでしょうか。

   見た目も涼し気な夏の衣類ですが、通勤アイテムとして活用する時には気をつけるポイントがあります。今回は女性の服装についてです。

  • あまりカジュアルすぎる服装は……
    あまりカジュアルすぎる服装は……

「前だけイン」でカッコよく決めたい

   まずは、ふんわりかわいい印象を与えるロング・マキシスカートです。

   若い女性を中心に流行していますが、床すれすれの長さだとカジュアル感が強いだけでなく、座った際や階段の上り下りで裾が床や地面に触れて汚れやすいので清潔感を欠く可能性があります。

   オフィスではロングやミニなど極端な長さのスカートよりも無難な膝丈にすると安心です。

   また、ブラウス(シャツ)などトップスの着方では「前だけイン」も多く見かけます(注:前だけインとは、トップスの前部分だけをちょっとだけスカートやパンツにインして、その両サイドや後ろは出したままにするスタイル)。脚長効果があるため、こちらも近年の流行りのようですね。

   しかし、この「前だけイン」を格好よくキメるのは、なかなか難しいようです。

篠原あかね(しのはら・あかね)
リクルートにて企業研修アシスタント、金融機関等での役員秘書を経てビジネスマナー講師として活動。2011年よりスマートコミュニケーションズ代表。ビジネスマナー、コミュニケーション、CS向上等の企業研修のほか、自身の宴会幹事経験をもとに「愛される宴会部長セミナー」も主催。著書に『宴会を制する幹事は仕事も制す。』『マンガ 黄金の接待』(監修)などがある。お客様や社内で愛されキャラになるコツを悩める社会人へ発信中。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中