2019年 11月 20日 (水)

「トランプ砲」解読5つのコツ! 歴史を動かす「リアル英語」を体感する(井津川倫子)

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   大統領に就任して約1年半。すっかり定着した感があるトランプ米大統領のツイッターが最近、さらに存在感を強めています。

   とりわけ北朝鮮をめぐる情勢は、最新メッセージがツイッターに投稿されるやいなや、各国のメディアが速報で流すといった状況。今回は、激動の「いま」を同時進行で体感する「トランプ砲」解読のコツをお伝えしましょう。

   歴史を動かす「リアル英語」を味わえます。

  • 「トランプ砲」解読で、目指せ英語力アップ!
    「トランプ砲」解読で、目指せ英語力アップ!

「金正恩」の英語スペルは?

   過激なメッセージや突然の重大発表で世間を驚かす「トランプ砲」。すっかり慣れきってしまった私たちですが、そもそも大国のリーダーが政府やメディアを介さずに、「直接SNSで重大発表をする」ことは異例中の異例です。おそらく、歴史上始まって以来のことでしょう。

   SNSをフォローさえすれば、世界中の誰もが「ダイレクトに」「リアルタイムで」大統領の発表に接することができます。内容の良し悪しは別にして、たった140文字で世の中を動かす「トランプ砲」は、英語のダイナミックさを体感できるツールです。

   ここでは、「トランプ砲」で「リアル英語」を楽しむ5つのコツをご紹介します。

   (1)登場人物の英語名を知る

   まずは、見落としがちなポイントから。

   突然ですが、北朝鮮の金正恩委員長や中国の習近平国家主席の英語名を書けますか?

   漢字の「習近平」は読めても英語表記は知らない人が多いでしょう。主要な登場人物の名前は英語表記で覚えて、スペルを見ただけでピンとくるようにしておきましょう。

○北朝鮮情勢をめぐる主要な登場人物
Kim Jong Un :金正恩(キム・ジョンウン)
Moon Jae-in :文在寅(ムン・ジェイン)
Xi Jinping  :習 近平(シー・ジンピン)

※( )内は英語表記の発音

   この3人は、昨今の「トランプ砲」によく登場します。Xi Jinping氏は、北朝鮮ニュース以外にも貿易関連の話題などで登場します。

   恥ずかしながら、私は英国BBCラジオでよく耳にしていた「シー・ジンピン」氏が、「シュウキンペイ」氏と同一人物であることにしばらく気が付きませんでした(笑)。

   (2)よく登場する「敵」を知っておく

   Hillary Clinton:ヒラリー・クリントン
   President Obama:オバマ前大統領

   トランプ米大統領は、よほどこの二人がお嫌いなのでしょう。何かにつけて、「オバマの時代は最悪だった」とか「だからヒラリー・クリントンは選挙に負けた」と引き合いに出します。「それに比べて俺は偉大だ!」と主張するのがお決まりのパターン。とりわけクリントン氏に関しては、「crooked Hillary」(悪徳ヒラリー)と、名前の前に「crooked(悪徳な、ねじ曲がった)」という形容詞を毎回のようにつけているほどです。

kaisha_20170303104637.png
井津川倫子(いつかわりんこ)
津田塾大学卒。日本企業に勤める現役サラリーウーマン。TOEIC(R)L&Rの最高スコア975点。海外駐在員として赴任したロンドンでは、イギリス式の英語学習法を体験。モットーは、「いくつになっても英語は上達できる」。英国BBC放送などの海外メディアから「使える英語」を拾うのが得意。教科書では学べないリアルな英語のおもしろさを伝えている。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中