2018年 9月 22日 (土)

「暑さに気をつける食事術」(1)ビジネスマンにオススメする水分補給

印刷

   ジトジト、ムシムシ。うっとうしい季節がやってきました。加えて、ときには気温30度を超える日も。6月はそれだけでも、イヤ~な気分になります。

   しかし、仕事は待ってはくれません。まずはしっかりとした食生活で体調を整え、バリバリ働けるよう心がけたいものです。そこで、カス丸といっしょに「暑さに気をつける食事術」を学んでいきましょう。

   は~い。カス丸だじぇい。いよいよ、梅雨の季節がやってきたじぇい。日に日に暑くもなってきて、熱中症が心配だじぇい。川村先生、正しい水分補給の方法があれば教えてほしいじぇい。

  • 夏には水分補給が欠かせない……
    夏には水分補給が欠かせない……

私たちのカラダの約60%は水分でできている!

   私たちのカラダの約60%が水分でできています。この水分によって体温調節や老廃物の排出を行っているため、私たちは水分がないと生きていけません。そのため、汗をかいて水分を排出しやすい夏は、いつもよりもさらに意識して水分補給する必要があります。ノドがまだ渇いていないからといって、水分を失っていないわけではありませんので、1口ずつでもいいので、回数を分けてこまめに水分をとるようにしましょう。

   外出が多いビジネスマンの場合は、どんな飲み物がオススメきゃすか?

   運動量や発汗量にもよりますが、まずはペットボトルタイプのお水がいいでしょう。コーヒーや紅茶、緑茶などカフェインを含む飲み物は利尿作用があるので、ストレートなお水のほうがオススメです。よく汗をかく方はスポーツドリンクでミネラルもあわせて補給するようにするといいでしょう

   ビジネスマンは、水分補給で缶コーヒーを飲むイメージが強いきゃすが、これっていいことなの?

   缶コーヒーは水分を含むものの、カフェインを含んでいるため、水分補給としてはあまりオススメしません。もちろん飲むのはかまいませんが、その際はお水も飲むようにしたり、(砂糖の摂り過ぎを防ぐためにも)砂糖やクリームなどが入っていないブラックコーヒーのほうがいいでしょう。

川村郁子(かわむら・いくこ)
川村郁子(かわむら・いくこ)
管理栄養士、元気ごはん研究家
自身が太っていたことからダイエットに興味を持ち管理栄養士の道へ。病院管理栄養士を経験した後2012年に独立。服部栄養専門学校の講師、ラジオ パーソナリティ、発酵食の研究、飲食店のメニュー監修、料理教室の主宰などの活動を通して忙しい現代人向けの「カンタンにできる元気ご飯」を提案している。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中