2020年 12月 5日 (土)

「アツい」上司は疎まれる? 新入社員は「ほめて」育ててと思ってる

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   エネルギッシュな熱血上司は、新入社員から疎まれる存在のようだ。

   企業の人材育成を支援するリクルートマネジメントソリューションズ(東京都品川区)が、2018年6月15日に発表。18年の新入社員を対象に「職場や上司に期待すること」を聞いたところ、最近の5年間で、「言うべきことは言い、厳しく指導すること」や「仕事に情熱を持って取り組むこと」と答えた人は減っており、「アツい上司」より「受信力のある個別指導型」の上司を理想としていることがわかった。

  • イマドキ、熱血上司は流行らない?
    イマドキ、熱血上司は流行らない?
  • イマドキ、熱血上司は流行らない?

受信力のある個別指導型の上司が理想

   調査は、「社会人として働くうえで大切にしたいこと」「職場や上司に期待すること」「身につけたい力 」について公表。その中で、「職場や上司に期待することは何ですか?」の問いに、「相手の意見や考え方に耳を傾けること」が不動のトップを堅持。「一人ひとりに対して丁寧に指導すること」や「よいこと・よい仕事をほめること」を選んだ人は、5年間増え続けている。

   その半面、近年の新入社員にはエネルギッシュな熱血上司は求められなくなっている模様。新入社員にとっては、個人の考えやよい面を受けとめる「受信力」があり、ティーチングとコーチングの両立ができるような、「個別指導型の上司が理想といえそう」と、リクルートマネジメントソリューションズは分析している。

   研修の場面でも、厳しい指摘やフィードバックから学ぶ新入社員は以前から存在する一方で、できるようになったことを認めてもらうことでグングン力を伸ばしていく人が増えている実感がある。また、全体の場ではなかなか手が挙がらなくても、一対一で耳を傾けてみると、しっかりと意見をもっていると感じることがあるという。

   一方、「あなたが社会人として働いていくうえで大切にしたいことは何ですか?」の問いに、第1位は2017年と同じで「社会人としてのルール・マナーを身につけること」だった。2位は「仕事に必要なスキルや知識を身につけること」=別表参照。

あなたが社会人として働いていくうえで大切にしたいことは何ですか?
あなたが社会人として働いていくうえで大切にしたいことは何ですか?

   ただ、1位の「社会人としてのルール・マナーを身につけること」が前年から3.5ポイント減っており、2010年の調査開始以来、最低値となった。その一方で2位の「仕事に必要なスキルや知識を身につけること」は、過去5年間で3.2ポイントも上昇して調査開始以来、最高値となった。

   こうしたことから、2018年の新入社員は目の前の仕事を進めるために必要なスキルや知識への意識が高いことがうかがえる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中