2018年 9月 23日 (日)

米中貿易摩擦に大阪地震で「円買い」緩やかに進展 早稲田も慶応も動くに動けず

印刷

   2018年6月18日、1ドル110円台後半ではじまったドル円相場は、米中貿易摩擦の懸念や大阪北部で発生した震度6弱の地震を背景に「円買い」が進み、110円台前半まで下落。翌19 日にはトランプ米大統領が中国製品への追加関税を検討と報じられ、貿易摩擦の激化への警戒感から一時109.55円まで急落した。

   その後も米中の「綱引き」で、ドル円相場も110円台近辺まで買い戻されたり、110円台を割り込んだりと、落ち着かない状況に。1ドル110円台後半から109円台半ばまでを、行ったり来たりした。激しい値動きに、早稲田大の惟光はエントリーチャンスを探り、慶応大の石油王もなかなかタイミングが合わない。明治大のRWは就職活動のため、取引を見送った。

  • ドル円相場、米中貿易戦争に大阪北部地震が影響して……
    ドル円相場、米中貿易戦争に大阪北部地震が影響して……

「111円」のラインを読む(早稲田)

6月22日(金)

   今週の相場は緩やかな下落相場だった。月曜日の高値は110.730円で、もう少しで111円代に突入するかと思われたが、値上がりの勢いは衰退しジリジリと1週間にわたって値を下げた。

   前週(6月11日週)は米朝首脳会談があり、インパクトのある好材料であったため、一時的な上昇トレンドが形成されたもよう。しかし、今週は目立ったイベントがなかったため、大きなトレンドが形成される気配はなかった。さらに加えて、111円のラインはかなり強く市場参加者たちに意識されているようで、一時的かつ短期的な「ドル買い」圧力ではこのラインを突き破るのは難しそうだ。

   この「111円」のラインについて、もう少し詳しく考えてみると、5月21日と6月18 日が111円のラインを意識されて反落した日だった。この両日のロウソク足を頂点としてダブルトップを形成していると見ることができる。この近辺の日付のラインチャートを見ると、必ずしもきれいな形のダブルトップということはできない。少しいびつな形と見るべきであろう。

   111円というラインが意識されている以上、この後の相場の行方を考えると、長期的な下降トレンドが形成される可能性のほうが高いとみる。したがってネックライン(安値を示す底値圏で、直近の高値に水平線を当てた線。トレンド転換のシグナルとされる)である109.400円あたりを割り込んでくると、次のポジションのエントリーチャンスであると、にらんでいる。

   今週は取引を見送った。

前週からの損益 プラス・マイナスゼロ
6月22日現在  9206円

就活は忙しい!(明治)

   今週も就職活動のインターン活動などで忙しく、取引できなかった。これからは少しずつ取引できる時間が減っていくとは思うので、また新たな必勝パターン分析のため、少しずつ勉強を再開していきたいと思っている。

前週からの損益 プラス・マイナスゼロ
6月22日現在  9512円

ロンドン時間での取引「なかなかチャンスをつかめない」(慶応)

6月18日(月)

   けさ、大阪府高槻市付近を震源に震度6弱の地震があり、人的被害は限定的であったもののインフラなどに大きな損害を与える震災となった。震源からは約20キロメートル離れている京都市の実家は震度5強を記録したが、家族は無事だったようだ。

   震災発生後は緩やかな円高基調となったが、その後持ち直し再び方向感がなくなった。そのため、この日は取引を見送った。

6月19日(火)

   110円50銭前後で終始もみ合いだった前日の相場とはうって変って、この日は朝8時台からドルが急落するカタチとなり、夕方までに約1円も円高が進行した。日経平均株価も大幅安となっていて、いずれも震災の影響だろうか。

   しかし、夕刻から売るにしては出遅れ感が否めず、この日も取引を見送ることにした。

   最近のドル円相場は東京時間に動くことが多く、大学の講義時間を避けてロンドン時間に取引する身としてはなかなかチャンスをつかめないのが残念だ。

前週からの損益 プラス・マイナスゼロ
6月22日現在  1万2561円

プロフィール
早稲田大学 惟光
早稲田大学文学部2年、埼玉県出身。尊敬する人は、「投資の神様」ウォーレン・バフェットに紫式部! 旅行や写真が大好きで、サバの竜田揚げも大好き。 将来は「チャンスを平等にすることがしたい!」という。これまでFXはスキャルピング(ポジション保有後、短時間の内にわずかな価格変動から儲ける方法)で取引していたが、最近はスイングトレードに転向した。仮想通貨の取引も始めるなど、投資への関心は強く熱い。
明治大学 RW
明治大学総合数理学部2年、長野県出身。好きな歌手は、乃木坂46。趣味は映画観賞や乃木坂46が出ている番組の視聴で、週末などに楽しむ。将来は、IT系の仕事に就きたいと考えているが、今は単位を落とさないようにするのに必死。(笑)株式投資からスタートし、最近はビットコインを少々カジッたところ。為替相場は株式投資にも影響する大きな材料。FX投資はデモ口座でやったことがある程度だが、大学対抗戦となれば、話は別。経験を積みながら、トップを狙う。
慶応大学 石油王
慶応大学商学部3年、京都府出身。好きな歌手はCHEMISTRY。将来は証券ディーラーになりたい! 小学生のとき、父のFX投資を間近に見ていたことをきっかけに、為替に興味を持つ。中学1年のときのリーマンショックで怒涛の円高を目の当たりにし、この時に円を売っていれば大儲けできたのではないか、と気付いたという筋金入りのFX投資家。現在はテクニカル分析と呼ばれる、チャートの形状を判断材料としてトレードする手法を研究中。為替相場の世界で大成功を収めることを夢見て、日々精進中という。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中