2020年 9月 25日 (金)

仰天、日本は「一夫多妻社会」? 未婚男性増のウラに「バツありオットセイ男」!(前編)

スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   未婚化が進み、少子高齢化に拍車をかけていることが社会問題になっている。

   しかし、そもそもなぜ結婚しない男女が増えているのだろうか――。これまでは未婚の男女の意識にばかりスポットが当たってきたが、結婚経験者の実態を調べると、なんと事実上の「一夫多妻制」がひそかに進行していたのだ!?

  • 未婚化の裏にはバツあり男性の影が(写真はイメージ)
    未婚化の裏にはバツあり男性の影が(写真はイメージ)
  • 未婚化の裏にはバツあり男性の影が(写真はイメージ)

何回も結婚できる「勝ち組」オトコが複数の妻を独り占め

   これは驚くべき実態だ。何回も結婚できる「勝ち組」オトコが複数の妻を得る一方、一度も結婚できない「負け組」オトコがあぶれる「結婚格差」が広がっているというのだ。日本は、強くてモテるオスが多くのメスを独占するオットセイのような社会になっているというのか――。

   J‐CASTニュース会社ウォッチ編集部は、この男性の結婚格差を指摘するレポートを発表したニッセイ基礎研究所生活研究部研究員の天野馨南子(あまの・かなこ)さんを取材した。

   レポートは「初婚・再婚別にみた『年の差婚の今』上・下-未婚少子化データ考-平成ニッポンの夫婦の姿/変わりゆく2人のカタチ」(2018年5月14、28日発表)。

   国の統計では、50歳までの時点で一度も結婚したことのない男女を「生涯未婚者」と呼ぶ。図表1を見てほしい。その男女の割合(生涯未婚率)は年々急上昇して、ついに2015年には男性で23.4%、女性では14.1%に達した。じつに男性の4人に1人、女性の7人に1人が該当する。男性の未婚者は女性の1.7倍も多いのだ。

50歳時点で1度も結婚歴がない男女の割合(%)
50歳時点で1度も結婚歴がない男女の割合(%)

   こうした未婚者の増加が、少子化の大きな原因の一つとして問題になっているわけだが、天野さんは一つの疑問に突き当たった。天野さんが語る。

「自然の摂理でこの世に生まれてくる男女は毎年ほぼ同数なのに、どうして50歳の時点で、男性の方が女性の2倍近くも結婚歴のない人が多いのでしょう。 男性は出産を担わないので、結婚を考える年齢が遅くなるからという仮説を立てるとします。もしそれが正しければ、50歳を超える年齢で、子どもが生める若い女性と結婚し、男性の生涯結婚率が一気に女性に追いつくはずです」

   ところが、国勢調査のデータを調べると、男性は全年齢で女性よりも未婚(婚歴なし)率が高い。たとえば、25歳~49歳の各年齢では平均9.9%~12.8%も男性のほうが高くなる。男女同数なのに、なぜあぶれる男性がどの年齢でも1割近くも出てくるのか?

   天野さんは、

「この謎の回答はじつは難しくありません。未婚者割合の男女格差は、一夫多妻制の国では普通だからです。3~4人の妻を持つ男性がいるので、男性は未婚者だらけになります。日本では一夫多妻制は認められていませんが、離婚・再婚は認められています。1人の男性が離婚をし、初婚の女性と2度結婚したとすれば、タイムラグはあっても2人の妻を持つことになり、事実上の(タイムラグ式)一夫多妻制が生じることになります」

と説明する。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中