2018年 7月 16日 (月)

経営者の方針「わかってる」わずか3分の1 上司の「ある行動」で理解度は上がる!?

印刷

   経営者の考えている方向性を理解している社員は33.6%しかいないことが、組織マネジメントなどのタバネル(大阪市北区)の「社員意識とフィードバックの関係についての調査」でわかった。2018年6月26日の発表。

   経営者の考えている方向性の理解には、直属の上司からのフィードバックの「頻度」が大きく影響しているという。

  • 社員は「経営者の考え」を理解しているのだろうか?
    社員は「経営者の考え」を理解しているのだろうか?

フィードバック「あり」と「なし」では5倍の差

   調査によると、全国の20~59歳の会社員128人に「経営者の考えている方向性を理解しているかどうか」聞いたところ、「理解している」に「おおいにあてはまる」と答えた人は6.3%、「ややあてはまる」が27.3%で、合わせて33.6%の人が「あてはまる」と回答した=円グラフ参照

kaisha_20180702183124.jpg

   一方、「まったく当てはまらない」は10.9%、「あまりあてはまらない」が17.2%で、合わせて28.2%の人が「あてはまらない」と答えた。

   また、「経営者の考えている方向を理解している」との問いに、直属の上司から月1回以上フィードバックを受けていると回答した人のうち、「大いにあてはまる」と答えた人は14.5%、「ややあてはまる」が40.0%で、合計で54.5%が「あてはまる」と回答。その 一方で、直属の上司からのフィードバックが月1回未満の人は、「大いにあてはまる」が0%、「ややあてはまる」が29.6%。さらに直属の上司からのフィードバックを受けていないと回答した人は「大いにあてはまる」0%、「ややあてはまる」は10.9%だった。

   直属の上司から「フィードバックを月に1回以上受けている人」は、「フィードバックを受けていない社員」の約5倍多く経営者の考えている方向性を理解していることがわかった。

話題の「リファラル採用」もフィードバックの「頻度」が影響

   ところで、米国ではすでに一般的な採用方法とされる「referral(リファラル)採用」は、日本でも2015年ごろから注目が高まってきている。リファラルとは、推薦や紹介の意味で、在籍する社員やOB・OGの紹介など社員の人脈を使い、自社の社風にあっている人や業務内容に適した人を選考、採用する方法をいう。

   米国ではGoogleやFacebookなどのIT企業をはじめ、日本でもビズリーチやメルカリ、エウレカといったベンチャー企業を中心に導入している。

   調査では、「現在の勤務先への入社を友人・知人に薦めたい」との問いに対し、直属の上司から月1回以上フィードバックを受けていると回答した人のうち、5.5%が「大いにあてはまる」、21.8%が「ややあてはまる」と回答。合計の27.3%が「あてはまる」と答えた。

   一方、直属の上司からのフィードバックが月1回未満の人は、「大いにあてはまる」が7.4%、「ややあてはまる」が14.8%。さらに、直属の上司からのフィードバックを受けていないと答えた人は「大いにあてはまる」が4.3%、「ややあてはまる」が6.5%だった。

   直属の上司から、「フィードバックを月に1回以上受けている社員」は、「フィードバックを受けていない社員」の約2.5倍多く、勤務先への入社を薦めたいと考えていることがわかった。

   なお、調査は2018年6月20~22日に実施。有効回答数は128人。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中