2018年 11月 14日 (水)

仰天!喫煙運転で交通事故死が1.5倍超 スマホ運転より危険なワケは?

印刷

   なんと! タバコを吸うと交通事故で死亡するリスクが50%以上も高まるという、驚きの結果が2018年7月4日、東北大学の研究で発表された。

   タバコが健康を害して心臓病やがんの原因の一つになることは知られているが、いったい交通事故死とどういう関係があるのか? J‐CASTニュース会社ウォッチ編集部が研究者を取材すると、大いに納得の説明だった。

  • スマホを見ながらより危険な喫煙運転
    スマホを見ながらより危険な喫煙運転

東北大学が研究、1日20本以上がアブナイ

   この研究は、東北大学大学院歯学研究科の相田潤准教授の取り組みで、疫学専門誌「Journal of Epidemiology」の最新号に論文を発表した。

   それによると、もともと喫煙の習慣のある人は、がんや心臓病などの病気だけでなく、転倒、火災、交通事故といった事故や、他殺、自殺などによる死亡のリスクも増えるという研究が海外にあるそうだ。

   これらの死亡は、病気による「内因死」に対して「外因死」と呼ばれる。要するに、喫煙者は病死だけではく、不慮の事故による死亡率も高いというのだ。

   そこで相田准教授らは、交通事故のみによる死亡と喫煙の関係を調べることにした。研究調査には、住民の健康診断と死因の記録がしっかり保存されている茨城県健診受診者生命予後追跡調査事業のデータを使った。1993年当時の茨城県内38市町村の40~79歳の男女9万6384人を2013年まで、平均17~19年間追跡調査した。

   これらの住民を、「タバコを吸わない人」「過去に吸ったがやめた人」「1日に20本未満吸う人」「1日に20本以上吸う人」に分けて、死因が「交通事故」の人の割合を比較した。すると、図の「交通事故死亡ハザード比」のように、「吸わない人」の死亡率を1とすると、吸う人の死亡率は右肩上がりに上昇して、「20本以上吸う人」は1.54倍高くなった。


今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中