2018年 7月 22日 (日)

トランプ相場に翻弄 この差はなんだ! 下がるトルコリラVS踏ん張るメキシコペソ

印刷

   「トランプ相場」に翻弄される外国為替市場で、新興国通貨のトルコリラとメキシコペソの評価が割れている。

   どちらも高金利通貨として魅力ある通貨だが、トルコリラは2018年5月、対円で22円台後半の最安値をつけるまで値下がり。一方のメキシコペソは16年11月に史上最安値の1メキシコペソ=4.97円を付けたが、7月には5円半ばに踏みとどまっている。

   トルコリラとメキシコペソ、その明暗を分けているのは何なのか――。

  • 不安でたまらない! どうなるトルコリラ、メキシコペソ!?
    不安でたまらない! どうなるトルコリラ、メキシコペソ!?

楽観視されるメキシコペソ

   1メキシコペソ=5円程度と、少額で購入できることや、買っておくだけでスワップポイント(金利差収入)が得られると、注目されているメキシコペソ。スワップポイントでは、FX(外国為替証拠金)会社の中には1か月保有するだけで4000円以上のスワップポイント(10万メキシコペソの買いポジションの場合)を得られることもある。

   そんなメキシコペソは、北米自由貿易協定(NAFTA)の再交渉での合意が難航していることや米国長期金利の上昇による金利差の縮小を背景に、通貨安が進んできた。

   そもそも、メキシコペソの相場は2014年11月に1メキシコペソ=8.5円を付けていた。それが輸出の約1割を占める原油の価格下落とともに、メキシコペソも下落基調となり、さらには16年11月、米大統領選で「米国ファースト」を掲げるドナルド・トランプ氏が当選したことで、1メキシコペソ=4.97円まで下落した。トランプ米大統領の「国境の壁」や国境税の導入などの厳しい発言が、そのきっかけとなった。

   その後、メキシコ中央銀行が相次いで利上げを実施。メキシコペソは反転したものの、トランプ米大統領の発言ひとつで乱高下する展開となった。

   とはいえ、トランプ大統領がメキシコを「敵視」するのは、少なくない米国企業のメキシコ進出が背景だ。米国企業は人件費の安いメキシコに工場をつくり、米国向けに輸出している。NAFTAから米国が離脱すれば、メキシコ経済の打撃はもちろん、米国企業にもダメージが及ぶというワケ。トランプ大統領もそうそう強硬な姿勢はとれないと見る向きは少なくなく、それがメキシコペソが楽観視されている理由でもある。

   米国の長期金利の上昇で、金利差の縮小による対米ドルの通貨安は、日本円もユーロもポンドもオーストラリア(豪)ドルもニュージーランド(NZ)ドルも同様だが、そうした中でメキシコペソはむしろ頑張っているのではないか。

   下値は堅く、頻繁に取引しない、高金利通貨ならではのスワップポイント狙いの長期保有にピッタリの通貨といえるかもしれない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中