2019年 6月 21日 (金)

ランボルギーニに乗ってわかった! このクルマは「お金」そのものだという話(北条かや)

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

中古でも数千万円するけれど「安い」!?

   「にしてもこれ、いくらしたの?」「馴染みのディーラーに数か月探してもらって、いいのをウン千万で買ったんだ」

   たしかに中古で数千万円もするランボルギーニだが、正社員の独身男子なら手が出ないこともない。ローンも組める。

   おまけにランボルギーニは中古でもほぼ値崩れしないどころか、プレミアがついてさらに高値で売れることもあるそうだ。つまり「資産」としての価値がある。他にもフェラーリやロールスロイスなど希少性の高いクルマは、ベンツなどの比較的安い高級車と違って、10年乗っても値崩れしないらしい。

   ランボルギーニを10年楽しんで、高値で転売(という表現はやや下品かもしれないが)できる可能性があるなら、400~600万円程度の高級車を資産価値ゼロになるまで乗り潰すのと、どっちがオトクか考えてしまう。

   超・高級外車は、まるで安定した株式だ。だからKくんは数千万の負債を負債とも思わず、即決できたのだろう。高級車を消費財ではなく、「高値で売れる資産」と考える彼の姿勢に、なるほどと納得した次第だ。

   あのエンジン音を乗りこなす自信さえあれば、そして私がもっと無類のクルマ好きであれば、超高級外車を資産として持つこともできたかも...... と妄想しはじめて気がついた。

   まずは、お金を貯めるところからだ。夢だけ見させてもらいました。Kくん、ありがとう。(北条かや)

北条かや
北条かや(ほうじょう・かや)
1986年、金沢生まれ。京都大学大学院文学研究科修了。近著『インターネットで死ぬということ』ほか、『本当は結婚したくないのだ症候群』『整形した女は幸せになっているのか』『キャバ嬢の社会学』などがある。
【Twitter】@kaya_hojo
【ブログ】コスプレで女やってますけど
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中