2019年 12月 16日 (月)

ランボルギーニにつぎ込むKくん、32歳! クルマに情熱を注ぐ「幸せ」が羨ましい(北条かや)

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   前回、このコラムで書いた「ランボルギーニ大好き」な幼なじみのKくん。数年乗ったくらいじゃ価値が落ちるところか、さらに高値で転売できる高級車を披露し、ヴォーーーン!! と地底から鳴り響くようなエンジン音をさせて帰っていった彼であるが、ふだんはいたって真面目なビジネスマンだ。

   月に何十万と使える自由なお金のほとんどを、ランボルギーニと株につぎ込んでいる。投資分野でも好成績というから、ハマると徹底的に勉強してマニアになるタイプなのだろう。

  • 幼なじみのKくんはランボルギーニで疾走する夢を叶えた
    幼なじみのKくんはランボルギーニで疾走する夢を叶えた

子供の頃からの欲望を叶える人生

   思えば彼は、小学生の頃から「好きなものにはとことんハマる」タイプであった。

   1986年生まれの私たちが小学校低学年の頃は、タミヤという会社の「ミニ四駆」が大ブームを巻き起こしていたが、それにもKくんは全力投球だった。

   私からすれば「ミニ四駆」と「ミニカー」の違いも曖昧だが、彼に言わせればまったく違うモノらしい。ミニ四駆は「小型の動力付き自動車模型(プラモデル)」で、モーターが搭載され、びっくりするほどスピードが出る。サイズもミニカーの3倍以上はある。猛スピードでぶつかってきたら、ちょっと転んでケガしてしまうかもしれない。

   当時はクラスの半分以上の男子がハマっていたが、Kくんは特にすごかった。自己流に改造を施したマイ・ミニ四駆でスピードを極め、地方都市で開催されたレースでも優勝したほどだ。

   Kくんの父親もクルマ好きで、父が念願の高級スポーツカーを手に入れたときは、私も見せてもらった。

   スポーツカーを大事そうになでながら、語り合う2人の男子(親子)。仲がよくて、微笑ましい図だった。私の家は厳しくて高額消費とは無縁だったから、余計に「いいなあ」と思った。

北条かや
北条かや(ほうじょう・かや)
1986年、金沢生まれ。京都大学大学院文学研究科修了。近著『インターネットで死ぬということ』ほか、『本当は結婚したくないのだ症候群』『整形した女は幸せになっているのか』『キャバ嬢の社会学』などがある。
【Twitter】@kaya_hojo
【ブログ】コスプレで女やってますけど
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中