2018年 11月 19日 (月)

早稲田と慶応、静観の中に見た勝機! 不穏な欧州情勢でドル買い進む

印刷

   欧州情勢でドルが買われる場面が見られた。英国ではEU離脱をめぐり、ハードブレグジット(強硬離脱)の可能性が高まっているとの情報から、ポンドが売られ、またドイツの6月の製造業受注指数が約1年ぶりの低水準となりユーロ売りが進み、ドルが買われた。こうした背景から、ドル円相場は一時111円半ばまで上がった。

   とはいえ、米中の貿易戦争の火ダネがくすぶるなか、2018年8月9日には一時110円71 銭まで下落。さらに米国とトルコの関係悪化が懸念されて、ドル円は1ドル110円51銭を付けた。

   値動きが乏しいなか、早稲田大の惟光、慶応大の石油王ともに様子見を決め込むが、それぞれが思惑を胸にタイミングを見計らっているようだ。明治大のRWは就職活動のため、取引を見送った。

  • じっと待つ……
    じっと待つ……

「今も上昇トレンド続いている」とみた!(早稲田)

8月10日(金)
   今週の日足チャートは、短い陰線(始値に比べて終値が下がったことを示す)を重ねながら、ジリジリと値を下げる動きをした。今まで意識していた、5月29日、6月26日の安値を結んでできるサポートライン(支持線。為替レートが過去に何度か、その水準で下げ止まった価格帯を示す)を割り込んでおり、買いポジションを保有している身としては芳しくない状況となってきた。もっと下がるのだろうか、と毎日考えていたが、ふとあることに気が付いた。
   ここ数週間の日足の動きは、ある程度強い下げを見せた後に長い下ヒゲを残すことを繰り返している。つまりロウソク足の実線は短いものとなっている。その日のうちに、ある程度は買い戻されているのである。
   特に110.900円付近までにはロウソク足の下端が収まっており、そのレートまではいつも買い戻されているようだ。下ヒゲ(ヒゲが長いほど反発が強かったこと示す)の下端に注目してみても同様のことがいえ、110.55円付近までは下ヒゲが伸びるものの、その後は買い戻されていることがわかる。
   これらのことから、一時的にドル売り円買いが加速したとしても、上記の価格帯がサポートラインとして機能しており、それ以上は下げ続かないと判断した。
   そのため買いポジションを持っているものの、損切りするのではなく、保有を続けることにした。大局的な目で見たときに、今でも上昇トレンドは継続していると判断した。

前週からの損益 プラス・マイナスゼロ
8月10日現在  9206円

大きな下落、期待できそう(慶応)

8月6日(月)
   週の初めだが値動きに乏しく、この日は見送りとした。
   一方、日足チャートを確認すると、5月29日、6月25日、7月26日の安値を直線で結ぶことができるので、この直線上から下に価格が抜けると、大きな下落が期待できそうだ。

前週からの損益 プラス・マイナスゼロ
8月10日現在  1万2405円

   なお、明治大のRWは取引を見送った。

前週からの損益 プラス・マイナスゼロ
8月10日現在  9675円

プロフィール
早稲田大学 惟光
早稲田大学文学部2年、埼玉県出身。尊敬する人は、「投資の神様」ウォーレン・バフェットに紫式部! 旅行や写真が大好きで、サバの竜田揚げも大好き。 将来は「チャンスを平等にすることがしたい!」という。これまでFXはスキャルピング(ポジション保有後、短時間の内にわずかな価格変動から儲ける方法)で取引していたが、最近はスイングトレードに転向した。仮想通貨の取引も始めるなど、投資への関心は強く熱い。
明治大学 RW
明治大学総合数理学部2年、長野県出身。好きな歌手は、乃木坂46。趣味は映画観賞や乃木坂46が出ている番組の視聴で、週末などに楽しむ。将来は、IT系の仕事に就きたいと考えているが、今は単位を落とさないようにするのに必死。(笑)株式投資からスタートし、最近はビットコインを少々カジッたところ。為替相場は株式投資にも影響する大きな材料。FX投資はデモ口座でやったことがある程度だが、大学対抗戦となれば、話は別。経験を積みながら、トップを狙う。
慶応大学 石油王
慶応大学商学部3年、京都府出身。好きな歌手はCHEMISTRY。将来は証券ディーラーになりたい! 小学生のとき、父のFX投資を間近に見ていたことをきっかけに、為替に興味を持つ。中学1年のときのリーマンショックで怒涛の円高を目の当たりにし、この時に円を売っていれば大儲けできたのではないか、と気付いたという筋金入りのFX投資家。現在はテクニカル分析と呼ばれる、チャートの形状を判断材料としてトレードする手法を研究中。為替相場の世界で大成功を収めることを夢見て、日々精進中という。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中