2018年 11月 15日 (木)

娘の出産で1か月休むパートってあり? 「迷惑だ」「休んで当然」と大炎上 専門家に聞いてみた

印刷

   「パートの人が娘の出産を理由に1か月も休んでしまい、困っている」と嘆く投稿が、インターネット上で炎上ぎみの騒ぎになっている。

   「安い賃金で働くパートだから、好きなときに休むのは当然」という反発の声が圧倒的に多いが、「パートとはいえ、職場の迷惑も考えるべきだ」と投稿に賛同する意見もある。

   いったい、どちらの意見が正しいのだろうか――。また、パートの人が長期間休む場合はどうしたらよいのか。J‐CASTニュース会社ウォッチ編集部では、パートの働き方に詳しい専門家にアドバイスしてもらった。

  • 休みたいとき休めるからパート?(写真はイメージ)
    休みたいとき休めるからパート?(写真はイメージ)

「家族を優先にしたいから、パートに甘んじている」

   話題のきっかけになったのは、女性向けサイト「発言小町」(2018年6月13日付)への投稿――。

「パート先の50代の女性が、娘さんが2人目を出産するということで、1か月休みます。1人目がまだ小さく面倒をみないとならないと。ずいぶん休むんだなあ...... 正直迷惑と思ってしまいました。上司には報告済みで、『みんなによくお願いしておくように言われた』と言っていました。パートだけのシフト制で回している所で、このようなことは普通でしょうか?」

といった内容だ。

   この投稿に、「パートだから休んで当たり前」という意見とともに、「同じ女性でありながら、子や孫を持つ女性の気持ちがわからないのか!」といった感情的な反発の声が嵐のように殺到した。

「家族を優先にしたいからパートの待遇に甘んじているわけです。娘の出産なら仕事なんかよりよっぽど大事でしょ」
「娘の出産で半年休んだ人もいましたよ。生まれたのが双子ちゃんで、そりゃもう、てんやわんや。9割以上が女性、その半数以上が子育て中という職場なので、子どもの件で休もうと帰ろうとアレコレ言う人などいません」
「私にも娘と孫がいるから休むパートさんの気持ちは痛いほどわかります」

   そして、

「本人はきちんと上司に了解を取っているのだから、ちっとも悪くない。文句をいうなら上司にいうべきです」
「シフトが組めなくて投稿者に迷惑をかけているなら、管理者の責任です」

と、職場の上司の対応を問題視する声も多かった。

   一方で、ごく少数だが投稿者に共感を持つ声も――。

「迷惑をこうむる職場の人の気持ちもわかります。本当は保育園やファミサポ(ファミリー・サポート・センター)を活用すべきです」
「私もパート勤務ですが、時短にしてもらうとかにして、まるまるひと月休むことはしないな。パートだから休んだっていいという意見が多くてびっくり。パートって、そんなに軽い立場なんだ」

   J‐CASTニュース会社ウォッチ編集部では、パートの働き方に詳しい、主婦に特化した就労支援サービスを展開するビースタイルの調査機関「しゅふJOB総研」の川上敬太郎所長に、この炎上騒ぎの背景について意見を求めた。

問題は上司のマネジメント能力にあり!

   ――この投稿の炎上騒ぎは、家族の出産の面倒をみるためにパート労働者が休むことに対し、「迷惑だ」「理解して我慢すべきだ」と、同じパートで働く主婦同士がいがみ合う印象を受けます。何が問題なのでしょうか。

川上敬太郎さん「投稿者の上司のマネジメント能力に問題があると思われます。私たちが『働く主婦層の働きやすさに、上司のマネジメント能力が影響すると思うか』という調査を行なったところ、『大いに影響する』と答えた主婦が67%もいました。おもしろいのは、同じ質問を上司の管理職にもしたところ、なんと95%が『大いに影響する』と答えたのです。ほとんどの管理職が、自分の対応が、部下の主婦たちが気持ちよく働けるかどうかに影響していることを自覚しているわけですね」

   ――投稿者の上司はその自覚が足りなかったというわけですか?

川上さん「投稿者が携わっている仕事が、自分の裁量で完結できるものであれば、同僚が仮に何か月休んだとしても、特に問題にはならないのだと思います。しかし、投稿者が『正直迷惑』と言っている状況を踏まえると、同僚が休むことで仕事にしわ寄せが生じる、またはうまく仕事が回るのか不安に感じる状況があるのだと考えます。
1日や2日の話であれば従業員同士の調整でカバーできるかもしれませんが、1か月となると業務体制そのものを調整する必要がある。そうなると、部署マネジメントの範疇になってきます。投稿では『上司には報告済みで、みんなによくお願いしておくように言われた』とあります。報告済みということは、休みを上司が了承し、その時点で業務上問題ないという判断をしたということです。ただ、なぜ問題ないと考えているかはわかりません」

   ――その上司は1か月の間、何らかのヘルプ要員を補強するのか、あるいは、残った人員だけでも十分に業務が回ると考えているのかもしれませんね。

川上さん「ただそれならそれで、不安が生じないように投稿者に説明する必要があります。もし上司が業務状況を把握しておらず、パートさん任せにしているのだとしたら、上司がマネジメント責任を果たしていないことになります。投稿者が『パートだけのシフト制で回している』と言っていることから、その可能性も否定できません。
まず大切なのは、日頃から上司が業務の全体量を把握しておくことです。仮に一定量の業務を2人で回していた場合、業務量が変わらないまま1人抜ければ、残る人の負担は2倍になります。3人で回していた業務を2人で回すのであれば、負担は1.5倍です。その負担を軽減するためには、他部署にヘルプ要請したり派遣社員を依頼したりするなど人員を一時的に補強する方法が一つ。または業務量自体を調整する方法もあります。
もし上司が人員調整も業務量調整も不要だと考えているのであれば、どうすれば業務を処理できるのかしっかりとレクチャーし、取り組むべきことを明確にして不安を取り除くべきです。同僚が1か月休むことで不安が生じている状況自体が、マネジメント上の不備によって生じていると言えます。それは休むパートさんにとっても、他の人にとってもマイナスでしかありません。上司が1か月休んでも問題ないという判断をしたのであれば、不満や不安が生じない職場環境を構築する責任はマネジメント側にあるのだと考えます」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中