2018年 9月 22日 (土)

女性の管理職・役員の登用、ひとケタ台 歩み遅いが着実に進展

印刷

   「女性の活躍を推進しよう」と政府や経済界が旗を振っても、まだまだ女性管理職の割合は平均7.2%、女性役員も平均9.7%と、ひとケタ台にとどまっている。帝国データバンクが2018年8月14日に発表した「女性登用に対する企業の意識調査 2018年」でわかった。

   ただ、それぞれ前年(2017年)より0.3ポイント、0.4ポイント上昇し、女性の登用はゆっくりだが着実に進んでいるようだ。この調査は2013年以降、毎年実施している。

  • 女性管理職はまだまだひとケタ台(写真はイメージです)
    女性管理職はまだまだひとケタ台(写真はイメージです)

小さな企業ほど女性の登用に意欲的

   政府は「未来投資戦略2018」(成長戦略)や「骨太の方針」などで、女性の活躍推進を重要な政策の柱に掲げている。一方、企業側にとっても、人手不足に対する労働力確保の面から、女性の登用は最重要課題だ。

   さらに最近は、女性の労働参加が生産性や業績の向上につながることが研究データからも示されているほか、女性のパワーが企業活動の新しい視点の発見や、男性の働き方の見直しとしても期待されている。

   調査によると、女性管理職(課長相当職以上)がいない企業は48.4%と半数近くにのぼる一方、「30%以上いる」という企業も6.8%で、2013年の調査以降、最高を記録した=図参照。

   また、従業員全体の女性割合は平均24.9%で、2017年より0.3ポイント上昇した。女性管理職の割合を企業規模でみると、未上場企業が平均7.2%、上場企業が平均5.1%と、未上場企業が上場企業より2.1ポイント高く、小さな企業ほど女性の登用に意欲的。従業員数5人以下の企業では、「女性の登用で業務が円滑に進むようになった」と評価する企業が多かった。

女性の割合(従業員・管理職・役員)が年々増加(帝国データバンクのプレスリリースから)
女性の割合(従業員・管理職・役員)が年々増加(帝国データバンクのプレスリリースから)

   女性管理職の平均割合が高い企業を業種別にみると、トップは「医薬品・日用雑貨小売り」で35.6%。2位が「繊維製品・服飾品小売」(30.4%)、3位「郵便・電気通信」(20.5%)、4位「医薬・福祉・保健衛生」(20.1%)、5位「教育サービス」(16.3%)、6位「旅館・ホテル」(15.4%)、7位「人材派遣・紹介」(13.8%)、8位「家電・情報機器小売」(13.6%)、9位「不動産」(13.4%)、10位「放送」(12.6%)と続く。

   伸び率がもっとも高いのが「医薬品・日用雑貨品小売」で、前年から4.9ポイント上昇したほか、「家電・情報機器小売」も2.6ポイント増で、前年の13位から8位に上がった。 女性の活用や登用を「積極的に進めている」と答えた企業は55.8%で、5割を超えた。その効果として、「男女にかかわらず有能な人材を生かすことができた」をあげたところが67.6%でトップ。以下、「女性の労働観が変化してきた」「多様な働き方が促進された」「従業員のモチベーションが上がった」「女性を登用したことで業務が円滑に進んだ」が続く。

後悔先に立たず「男女公平に機会を与えるべきだった」

   具体的にどんな効果があったか、あるいは期待しているか、聞くと、

「農業資材の小売業の弊社でも女性の登用は考えている。農業業界全体に女性の進出が進んでおり、注目されている」(農業用機械器具小売、茨城県) 「そもそも男女という意識をしておらず、登用すべき女性は登用している」(放送、富山県)
「女性を積極的に採用し、新しい社風を構築したい」(環境計量機、北海道)
「女性を登用することで、お客様に対し柔軟な姿勢で対応することができ、お客様から評価する声があがっている」(ビルメンテナンス、福岡県)
「事業拡大に向けて積極的に女性の活用を進めたい」(自動車部品、愛知県)
「男女公平に平等に機会を与え、育成していくべきだった。女性の登用を最初から考えてこなかったことが問題で、少子高齢化の現在、反省している」(森林組合、茨城県)
「ワーク・ライフ・バランスを推進しており、その一環として女性の働く環境を整備し、労働条件を改善している」(試薬製造、大阪府)

などの回答があった。

   その一方で、なおも次のような問題点を指摘する声もあった。

「今後に期待していた女子従業員が、一人は夫の転勤、一人は姑が育児拒絶ということで相次いで退職を申し出た。時間短縮や、配置換えも提案して慰留したが固辞された。女性の登用はなかなかハードルが高い」(溶融メッキ、新潟県)
「肉体労働が中心なので、なかなか女性の応募がない。運転手募集も今は人気薄のようだ」(生コンクリート製造、広島県)
「女性の多様な働き方(時短勤務・育児休暇・産前産後休暇・看護休暇)に対する業務調整に苦慮している」(貸金、東京都)
「女性の登用・活用どころか、男女問わず採用に苦慮している」(一般貨物自動車運送、北海道)
「当社のような地方(田舎)の中小企業で、地元採用の女性はスキルアップを望まない人が多い。また、女性のスキルアップを望まない年配者(両親など)が多く存在し、労働意欲向上が期待しにくい」(電力制御装置製造、徳島県)

   帝国データバンクでは「企業の4社に1社が、女性管理職が現在より増えると考えています。女性がいま以上に活躍する機会が増えれば、企業が持続的に成長するうえで重要な力になるでしょう」としている。

   なお、調査は2018年7月18~31日、全国2万3112社を対象に実施。9979社(回答率43.2%)から回答を得た。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中