2020年 7月 14日 (火)

「子育てはコスパじゃ測れない」!? わかっちゃいるけど、安物買いのアラサー女子のコンプレックス(北条かや)

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   安物が好きだ。同じモノを買うなら1円でも安く手に入れたいし、ネット通販で買った服が後日、セールになっていたら地団駄踏んで悔しがる。長距離移動は多少疲れても高速バスがいいし、物件選びの際は少々不便でも、家賃が安い部屋をとる。

   直感的に行動していたら、必ず価格の安いほうを選んでしまう。まるで大阪のおばちゃんのごとく、「コレ、58円で買ったんやで」などと自慢してしまうので、周りから「どうしてそんなに安物が好きなの?」と、不思議がられることが増えてきた。

   ふつうは年齢とともに、ある程度コストを支払っても質のいいモノやサービスを好むようになるケースが多いのに、私はそうじゃないから、変なヤツだと思われているのだろうか――。

  • すぐにソロバンを弾いてしまう……
    すぐにソロバンを弾いてしまう……
  • すぐにソロバンを弾いてしまう……

コスパがよくなければ、絶対に満足できない

   先日、ある大企業の取材を受けた。テーマは「現代女性の消費行動」。自分が女性を代表できるとは思えないので断ろうかと思ったが、1時間半で1万円のギャラだというのでお引き受けした。もう本当に現金だが、背に腹は代えられない。

   相手は、40代の中間管理職の男性。アラサー女性の消費行動について知りたいとおっしゃるので、わが安物買いの極意をとうとうと説いた。

「私が最も重視するのはコストパフォーマンスです。同じことをやるなら少しでも合理的に、自分が支払った以上のオトク感をもらいたい。もともと想定外の事態に弱いので、高いものやサービスを買って満足できなかったときの『こんなはずじゃなかった感』を想像するのがイヤなんです」

   担当者は、ふんふんと熱心に耳を傾けてくれたのちにこう述べた。

「北条さんは、すべてにおいて『コストパフォーマンス』や『合理性』を重視されているようですが、たとえば子育てをしたり、家族をもったりすると価値観が変わったりすることはありませんか? 僕も20代の頃は安いものを選んでいたのですが、家族をもってからは少し考えが違ってきたんです。コスパだけでは測れないものがあるというか......」
北条かや
北条かや(ほうじょう・かや)
1986年、金沢生まれ。京都大学大学院文学研究科修了。近著『インターネットで死ぬということ』ほか、『本当は結婚したくないのだ症候群』『整形した女は幸せになっているのか』『キャバ嬢の社会学』などがある。
【Twitter】@kaya_hojo
【ブログ】コスプレで女やってますけど
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中