2018年 9月 22日 (土)

トランプ相場に苦戦の1年、最後までガマンの早稲田、小刻みに動いた慶応、盛り返した明治

印刷

   ドル円相場は111円台近辺で、膠着状態が続く。この1年、トランプ米大統領の一挙手一投足に注目が集まったが、ドル円相場はただただ振り回されただけ。「1万円ではじめる為替バトル FX大学対抗戦」の最終週も、それを象徴するかのような相場だった。

   2018年8月27日に1ドル111円台前半ではじまると、北朝鮮の非核化協議の停滞を理由にトランプ大統領が国務長官の訪朝見送りを指示したことなどを受けて111円を割り込んだ。ところが、北米自由貿易協定再交渉で米国が対メキシコ、対カナダとの協議に前向きな姿勢を示すことが報じられると、すぐさま111円台前半に戻す。

   行ったり来たりを繰り返すドル円相場は、31日にはトランプ米大統領が世界貿易機関(WTO)からの脱退を警告。警戒感が高まり、円買いが優勢となって1ドル110円69銭の安値を動いたものの、その後に対ユーロでドル買いが強まる流れとなり、ドル円相場は111円近辺まで反発して111円近辺で推移する展開に。早稲田大の惟光は「強い上昇トレンド」を待って、じっとガマンが続く。慶応大の石油王は小刻みな値動きに取引を見送らざるを得なかった。明治大のRWは取引を見送った。

  • 早稲田、動けず……
    早稲田、動けず……

レンジ相場抜けず、じっとガマン(早稲田)

8月31日(金)

   前週は評価損が回復したことで、ひと息つき、安心することができた。あのときにポジションを決済しなくて本当によかった。一時的な下げに困惑せず、ガマンすることも大切なのである。

   今週に入ってかもドル円は上昇傾向で、それに伴いさらに評価損は回復していった。8月1日から20日にかけて、ジリジリとドル円相場は下落し続け、売りのトレンドが小さく弱くも形成され続けてきたが、前週と今週のロウソク足の形を見ると、そのトレンドは終わったものと考えられる。

   その後、26日(水)には大きな陽線(終値が始値より高かったことを示す)を付けており、強いドル買い円売りの動きが見られた。この大陽線は高値が111.820円であった。惜しくも112円台までは届かなかったようだ。この価格帯で上ヒゲが止まったことから、このラインがレジスタンスライン(上値抵抗線=天井圏で上昇する値段の抵抗となっている価格帯のこと)として機能してきそうだ。このラインを超えることができれば、大きな大陽線が伴う上昇トレンドへと入ってゆくはず。次に目指してゆくのは7月18日と19日に付けた高値の113円台である。

   最近は一定の価格帯の中を行ったり来たりしているため、そのレンジ相場を抜けるまでは強い上昇トレンドは生まれないであろう。それまでは少し時間がかかりそうだ。それまではポジションを保有したまま待機しなくてはならないだろう。

前週からの損益  プラス・マイナスゼロ
2018年8月31日現在  9206円

ドル下落も、落ち着いてしまい......(慶応)

8月31日(金)

   この日は16時30分ごろに相場を見ることができたのだが、その15分ほど前に短時間で1ドル110円95銭付近から、75銭付近まで下落があったようだ。しかし、自分が相場を見たころには下落も落ち着いていて、取引を見送らざるを得なかった。

前週からの損益   プラス・マイナスゼロ
2018年8月31日現在  1万2669円

   明治大のRWは、今週も就職活動に追われ、取引を見送った。

   この1年、前半の躓きで一時はどうなるかと思ったが、最後はなんとか盛り返した。

前週からの損益    プラス・マイナスゼロ
2018年8月31日現在  9675円

プロフィール
早稲田大学 惟光
早稲田大学文学部2年、埼玉県出身。尊敬する人は、「投資の神様」ウォーレン・バフェットに紫式部! 旅行や写真が大好きで、サバの竜田揚げも大好き。 将来は「チャンスを平等にすることがしたい!」という。これまでFXはスキャルピング(ポジション保有後、短時間の内にわずかな価格変動から儲ける方法)で取引していたが、最近はスイングトレードに転向した。仮想通貨の取引も始めるなど、投資への関心は強く熱い。
明治大学 RW
明治大学総合数理学部2年、長野県出身。好きな歌手は、乃木坂46。趣味は映画観賞や乃木坂46が出ている番組の視聴で、週末などに楽しむ。将来は、IT系の仕事に就きたいと考えているが、今は単位を落とさないようにするのに必死。(笑)株式投資からスタートし、最近はビットコインを少々カジッたところ。為替相場は株式投資にも影響する大きな材料。FX投資はデモ口座でやったことがある程度だが、大学対抗戦となれば、話は別。経験を積みながら、トップを狙う。
慶応大学 石油王
慶応大学商学部3年、京都府出身。好きな歌手はCHEMISTRY。将来は証券ディーラーになりたい! 小学生のとき、父のFX投資を間近に見ていたことをきっかけに、為替に興味を持つ。中学1年のときのリーマンショックで怒涛の円高を目の当たりにし、この時に円を売っていれば大儲けできたのではないか、と気付いたという筋金入りのFX投資家。現在はテクニカル分析と呼ばれる、チャートの形状を判断材料としてトレードする手法を研究中。為替相場の世界で大成功を収めることを夢見て、日々精進中という。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中