2018年 9月 22日 (土)

東京タワー水族館が閉館 交錯する「悲しい」「知らなかった」の声......

印刷

   TOKYO有数の観光名所で、日本電波塔が運営する東京タワーの一角で営業を続けてきた「東京タワー水族館」が2018年9月30日で終了する。1日付のツイッター(@TTA_info)で発表した。1978年のオープンから40年。東京タワーを彩っていたテナントが姿を消す。

   ここ数年、賃料の未払いが続いたことから、日本電波塔が物件の明け渡しと賃料支払いを求めて東京地裁に提訴していた。ツイッターには、閉館を惜しむ声とともに、水族館があることを「知らなかった」とする声が寄せられている。

  • 東京タワー水族館が9月30日で閉館する
    東京タワー水族館が9月30日で閉館する

「もっとPRすればよかったのに......」

   東京タワー水族館が、東京タワーを運営する日本電波塔から建物の明渡しと未払い賃料の支払いを求めて東京地裁に提訴されたことは、東京商工リサーチが7月5日に報じていた。

   1978年4月、東京タワー水族館は日本電波塔が管理する東京タワーの一部(約780平方メートル)を賃借する賃貸借契約を締結。報道によると、現在の月間賃料は約370万円という。水族館は2017年11月分から賃料を支払わず、未払賃料は少なくとも2100万円にのぼる。3月30日、日本電波塔は建物の明け渡しや未払い賃料の支払いを求め、水族館を提訴した。

   日本電波塔の訴えに、水族館側は、

2017年3月に日本電波塔に、来塔者への水族館の告知などをしてもらい、収入を安定させる予定だったが、電波塔の担当者から却下された。

2018年3月12日、1年間で5カ月分の滞納を完済することを柱とする返済プランを電波塔へ送付したが、日本電波塔から賃料の滞納分は役員個人の連帯保証をつけるよう要請され、個人保証をつけないことを伝えると訴訟された。

と主張していたが、裁判での答弁書の中で「取引先への通知なども必要で、営業終了は2018年9月ごろが最短」とも回答していた。

消えゆく昭和「蝋人形館もなくなってしまって......」

   東京タワー水族館の閉館に、ツイッターなどには、

「残念です。本当に本当にありがとうございました!」
「子どもの時から手作り感満載で大好きでした。ほんとに残念です。お魚さん達が路頭に迷わないようにお願いします」
「悲しい~~~~~」
「展望台にのぼったことは片手で数えるほどだけれど、水族館には幼少期におじいちゃんに何度も連れてってもらっていたそうです......」
「蝋人形館もなくなってしまって悲しいけれど...... 新しく生まれ変わり、また皆を楽しませる場所になってほしいです」
「信じられない。twitterも楽しみにしてたのに」

などと、たくさんの惜しむ声が寄せられている。

   その一方で、

「気がつきませんでした。今月中に行きます!」
「東京タワーに水族館なんかあったんだ。知らんかったわ」
「まったく気づきませんでした。なんでもっとPRしなかったんだろ」

といった、「知らなかった」との声も少なくなかった。

   平成最後の夏が、老舗水族館の「最後の夏」になった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中