2018年 11月 19日 (月)

「高収入で、残業もなく、スキルも磨ける」女性の満足度1位の仕事はコレ!?

印刷

   給料が高くて、残業もなく、自分のペースで仕事ができて、スキルも磨ける、しかも職場環境が最高! 女性にとってそんな夢のような、バランスのとれた職種は「英文事務アシスタント・通訳・翻訳」だという。

   人材サービス、パーソナルキャリアが運営する転職サービスサイト「DODA(デューダ)」が働く女性を対象に実施した「仕事に対する満足度調査」でわかった。

  • 通訳は女性の理想の職業?(写真はイメージ)
    通訳は女性の理想の職業?(写真はイメージ)

「戦略・経営コンサルタント」は「労働時間」が弱点

   調査は、現在就いている職種について、「総合」「仕事内容(やりがい・ストレスなど)」「給与・待遇」「労働時間(残業・休日など)」「職場環境(社風や人間関係など)」の5つの指標別に評価し、満足度を100点満点で回答してもらった。

   女性の仕事満足度ランキングの各指標の平均点は、「総合」が62.3点。「仕事内容」が64.0点、「給与・待遇」が56.3点、「労働時間」が68.4点、「職場環境」が61.7点という結果となった。

   5つの指標の中では「労働時間」に対する満足度が最も高く、「給与・待遇」に対する満足度が最も低くなった。女性の場合、男性よりは労働時間が短い半面、待遇がよくないという問題があるようだ。

   「総合」の点が高い職種は、1位が「戦略・経営コンサルタント」(71.6点)、2位が「英文事務アシスタント・通訳・翻訳」(70.0点)、3位が「薬事(医療系専門職)」(68.5点)となり、専門知識を活かして働くスペシャリスト系の職種が上位にランクインする結果となった=表参照。

   1位の「戦略・経営コンサルタント」は、「給与・待遇」「仕事内容」「職場環境」の満足度で、それぞれ1位、2位、7位にランクインしたが、「労働時間」では20位以下の圏外に。

   コメントを見ると、

「忙しいけれど充実している。仕事、お客さまとの人間関係、給与は100点」
「プロジェクトで繁忙期もあるが、給与、チームメンバー、長期休暇の取りやすさで満足度が高い」

などと「総合」での満足度は高かったが、女性が重視する「労働時間」の評価が低く、ここが弱点でもあるようだ。

女性の「仕事の満足度」職種ランキング(10位まで、「デューダ」の発表資料から)
女性の「仕事の満足度」職種ランキング(10位まで、「デューダ」の発表資料から)

ワーク・ライフ・バランスをとりやすい通訳・翻訳業

   一方、2位の「英文事務アシスタント・通訳・翻訳」は、今回の調査では唯一、「総合」「仕事内容」「給与・待遇」「労働時間」「職場環境」の5つの指標すべてが5位以内にランクインした職種だ。

   全体的に満足度のバランスが高いレベルでとれていることがうかがえる。

   コメントを見ても、

「スキルを活かせて、やりがいがある」
「努力をきちんと評価してくれて毎年昇給している」

などと、「仕事内容」「給与・待遇」に対する満足度だけでなく、「残業がなく自分のペースで作業できる」などと、「労働時間」「職場環境」の面でも抜群に満足度が高い。

   1位の「戦略・経営コンサルタント」のように、働き過ぎの心配もなく、ワーク・ライフ・バランスをとりやすい職種といえるようだ。

   3位の「薬事」も全体的に満足度が高いが、中でも「給与・待遇」の指標が4位と特に高いことが特徴だ。「薬事」は給与水準が高い職種で、「デューダ」が2017年に実施した「女性の平均年収ランキング」では、全153職種中11位になっている。

   コメントでは、

「責任者としていろいろな提案や挑戦ができる」
「勤続年数の長い人が多く、年を取るごとに働きやすくなりそう」

などと、「仕事内容」や「職場環境」の満足度も高い。

   なお、調査は2018年6月、インターネットを通じて20歳~59歳のビジネスパーソン1万5000人を対象に実施。女性の回答に絞って集計した。2018年8月22日の発表。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中