2018年 11月 16日 (金)

山里亮太、しまむら北島社長を直撃!(3)店が潰れない「しまむら神話」はホントか? 

印刷
しまむら 北島常好社長(左)とJ-CASTニュース名誉編集長の山里亮太
しまむら 北島常好社長(左)とJ-CASTニュース名誉編集長の山里亮太

   埼玉を拠点としながら、最近は東京都心の原宿や丸の内界隈への進出がウワサされている「ファッションセンター しまむら」。

   1回目、都心進出は本当にあるのか、2回目は激安のヒミツを北島常好社長に聞きました。

   3回目は「しまむら」次の一手についてです。というのも、この「しまむら」、最近はアパレルばかりではないようです。

   ベビー用品・子供服や靴、雑貨、そしてことしは神戸に寝具・インテリアの専門店をオープンするなど、業態の多角化に乗り出しています。

   そしてもうひとつ気になるのがお店が潰れない「しまむら神話」について。

   このあたりを、北島社長に直撃しました。

年間で完全閉店は1つか2つ

news_20180731164933.jpg

山里 「しまむら」さんって、お店が全然潰れないですよね? めちゃくちゃ長いことありませんか? 地元(千葉県)へ行くと洋服屋さんって、それこそユニクロとかもですけど、けっこうなペースで閉まっていくんですよ。気がつくと「あっ、ここ閉店したんだ」ってなる。でも、しまむらは「続いてる」って、いつも思うんですよね。

北島社長 しぶといですよ(笑)。でも、ちゃんと見ていただけて、感謝です。店舗数は今、グループで約2000ありますが、年間で完全に閉めるのは1つ、2つですね。

山里 え? それだけですか?

北島 そうですよ。ただ、業態を変えて、改めて出店することはあります。たとえば、新しい寝具の専門店をやりたくて、この5月に神戸の「ディバロ」(靴業態)を、「寝具・インテリア館 Zzz...と(ずっと)」に変えてオープンしました。そういうことはあります。

山里 完全閉店がほとんどないって、レアですよね。なにか秘訣があるんですか。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中