2022年 12月 3日 (土)

「Two‐track presidency 」(ツーコース大統領制)の衝撃!(志摩力男)

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

トランプ相場がもたらした「変動幅8.83円」の現実

   これでは、誰が本当の大統領なのか、さっぱりわかりません。トランプ大統領は、発言も多いし、ツィッター上でもたくさんツィートしますが、今後、彼の発言の多くは無視していいわけでもないでしょう。

   先日も、日本との貿易赤字を問題視し、解決出来なければ大変なことになると大統領からツィートされましたが、気にしなくてよいのでしょうか。対中国2000億ドルの経済制裁関税第3段の発動に対して身構えていますが、政権内の「抵抗者」が発動を阻止しようと頑張っているのでしょうか。

   トランプ大統領の激しい発言にも関わらず、ドル円相場は2017年も、18年も動いていません。いや、発言が激しいからこそ、動けないといえます。

   どこまで実現可能性があるのか、トランプ大統領の言葉だけだと、さっぱり信頼できないからです。今年のドル円のレンジは高値113.39円、安値104.56円とわずか8.83円。過去、どんなに動かない年でも10円は動きましたし、変動相場制以降、平均年間レンジは27円、変動率で見ると16.95%です。

   米政権はトランプ大統領の激しい発言があったとしても、Two-Track Presidencyであり、ちゃんとした方向に動くとわかれば、動きやすいかもしれません。今年も残すところ約3か月半ですが、このままだと過去最低レンジのままで終わります。

   とはいえ、そうならないとするならば、ドル円は113.39円以上か、104.56円以下に下落することになります。

   現在のドル円相場を見ていると、そのどちらもかなり離れているように見えますが、今後は米中間選挙もありますし、あと3か月半、相場は動き出すのではないかと期待しています。(志摩力男)

志摩力男(しま・りきお)
トレーダー
慶応大学経済学部卒。ゴールドマン・サックス、ドイツ証券など大手金融機関でプロップトレーダー、その後香港でマクロヘッジファンドマネジャー。独立後も、世界各地の有力トレーダーと交流し、現役トレーダーとして活躍中。
最近はトレーディング以外にも、メルマガやセミナー、講演会などで個人投資家をサポートする活動を開始。週刊東洋経済やマネーポストなど、ビジネス・マネー関連メディアにも寄稿する。
公式サイトはこちら
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中