2020年 7月 16日 (木)

バーチャルでもOK 「尊敬できる」「憧れる」そんな「先輩」をつくろう!(高城幸司)

印刷
公式/大正製薬のブルーベリー - 初回限定69%オフで980円+税‎

   会社で仕事をしていると「格好いいな。あの人のような仕事ぶりをしたいもの」と思える憧れの存在に出会うことがあります。いわゆる、「ロールモデル」です。

   ロールモデルとは何かと言うと、具体的な行動やスキルを模倣、学習したいと思える対象のこと。「○○さんのようになりたい」という憧れは、誰しもが持った経験があるはずです。

  • カッコいい先輩の真似をしょう!
    カッコいい先輩の真似をしょう!
  • カッコいい先輩の真似をしょう!

若手ビジネスパーソンの約8割「尊敬できる先輩がいない」

   大抵のビジネスパーソンは無意識のうちにロールモデルを選び、その影響を受けています。やはり、憧れの先輩がいたほうがモチベーションもあがるはず。ただし、営業の場合にロールモデルをみつけることが困難な場合があります。

「社内に尊敬できる先輩がいないんですよ。そんな会社では、自分が成長できないんじゃないかと思って」

と嘆く営業職の悩みをよく聞きます。

   ちなみに、若手ビジネスパーソンの約8割が尊敬できる先輩がいないと回答しているようです(参考リンク:https://gakumado.mynavi.jp/freshers/articles/43862)。営業職に限らず、ロールモデルを身近にすることは、特別天然記念物の遭遇するくらいに難しいと考えたほうがいいのかもしれません。

   たとえば、医療商社に勤務している営業職のSさん。別の会社から転職して1年目。配属されたのは京都支社。ただし、その職場には上司と事務のアシスタントが1名だけの職場です。しかも、大学病院を訪問するため1週間のうちオフィスに出社するのは1日で、営業会議で売り上げの見込みを報告するためだけ。あとはクルマで京都市内の病院をグルグルと訪問する毎日でした。

「経営者とゆっくり話す時間もままならない状態です。社内でロールモデルをみつけることなんて無理ですね」

と断言しています。

   確かに、この日々を過ごしていたら仕事上で格好いい先輩に出会うことはないかもしれません。このように、営業所に隔離されて、しかも同僚が少ない環境に置かれている営業も少なくありません。そんな状態だとしたら、どうしたらいいのでしょうか――。

高城幸司(たかぎ・こうじ)
1964年生まれ。リクルートに入社し、通信・ネット関連の営業で6年間トップセールス賞を受賞。その後、日本初の独立起業専門誌「アントレ」を創刊、編集長を務める。2005年に「マネジメント強化を支援する企業」セレブレインの代表取締役社長に就任。近著に『ダメ部下を再生させる上司の技術』(マガジンハウス)、『稼げる人、稼げない人』(PHP新書)。
「高城幸司の社長ブログ」
株式会社セレブレイン
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
4534056192「営業」は必ず君の武器になる 「自信がない」「向いていない」と思っている人ほどうまくいく
高城 幸司
日本実業出版社 2018-08-30

by G-Tools
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中