2020年 9月 29日 (火)

出版取次、書店経営の9割が売り上げ10億円未満 半数以上が「老舗」

創業100年以上、大正製薬こだわりの品質。乳酸菌が入ったごぼう茶でいきいきとした毎日を。

   出版取次業者や書店経営者などの出版関連事業者の2017年度の総売上高は、前年度と比べて4.3%減の2兆5906億3000万円となり、2年連続の減収となった。帝国データバンクが、12年度から17年度までの売上高が判明した出版関連業者2172社を調査した。18年9月21日の発表。

   このうち、出版取次は6.2%減の1兆3860億8900万円で、5年連続の減収。書店経営は2.1%減の1兆2045億4100万円で、15年度に一時増収となったものの、その後2年連続で減収となった。

  • 書店は経費節減と複合型店舗で生き残り
    書店は経費節減と複合型店舗で生き残り
  • 書店は経費節減と複合型店舗で生き残り

従業員「1~10人未満」の会社、全体の77.9%

出版取次・書店経営の総売上高の推移(帝国データバンク調べ)
出版取次・書店経営の総売上高の推移(帝国データバンク調べ)

   売り上げの規模別でみると、「1億円未満」の会社が1071社(構成比で49.3%)と、全体の約半数を占めた。

   このうち、出版取次の722社でみると、「1億~10億円未満」が375社(51.9%)。次いで「1億円未満」が266社(36.8%)となった。

   書店経営の1450社でみると、「1億円未満」が804社と全体の55.4%を占めた。「1億~10億円未満」が519社(35.8%)で、いずれの業種も売上高10億円未満の会社が全体の約9割を占めた。

   また、「業歴」が判明した2527社をみると、「50~100年未満」が1159社で、全体の45.9%を占めて最多。このうち、出版取次の859社では「50~100年未満」が415社(構成比48.3%)。書店経営の1668社でも「50~100年未満」が744社(44.6%)で最も多かった。「100年以上」も全体で251社、9.9%あった。新規参入する会社が少なく、歴史のある会社が多いことがわかる。

   「従業員数」が判明した2095社では、「1~10人未満」が1632社(構成比77.9%)で最多。出版取次、書店経営のそれぞれをみても、ともに75%以上の企業が「1~10人未満」と少数で運営している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中