2020年 1月 26日 (日)

花粉症などで伸びる「スイッチOTC医薬品」 17年は3.2%増

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

2017年、花粉飛散量多くなくても「鼻炎治療剤」伸びた

   いまや「国民病」になりつつある花粉症。その対策として登場したスイッチOTC医薬品が好調だ。富士経済では「鼻炎治療剤(内服薬)」市場を対象に調査。それによると、2017年は前年比2.2%増の185億円。18年は206億円と、11.4%増と2ケタ増を見込んでいる。

   鼻炎治療剤の市場は、花粉症患者の需要が大きいため、花粉飛散量や飛散期間によって変動する。2015年、16年に規制が緩和され、取扱店舗が増えたことや薬局での店頭露出度の高まりで売り上げを伸ばした。17年は花粉飛散量があまり多くなかったが、スイッチOTCの需要開拓が進んだ。また、18年は春先の花粉飛散量が多かったことで、上位ブランドを中心に売上増となった。花粉症対策では、目薬も好調に推移したという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中