2019年 5月 20日 (月)

ビル・ゲイツ、ついに首位転落!「unseat」されても「絶対王者」のワケ(井津川倫子)

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   経済誌フォーブスが発表した2018年版米国長者番付で、米アマゾン・ドット・コム創業者のジェフ・ベゾス氏が初めて首位につきました。

   これまでは、米マイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏が24年間にわたり首位の座をキープ。半世紀近く「米国イチの大金持ち」だったビル・ゲイツ氏が負けたとあって、世界中に激震が走りました。果たして、「絶対王者ビル・ゲイツ」は本当に敗北したのでしょうか!?

  • 「アマゾン」はもうけすぎ!?(写真はイメージ)
    「アマゾン」はもうけすぎ!?(写真はイメージ)

「もうけすぎ」だよ、アマゾン。

   新王者になったジェフ・ベゾス氏の保有資産はなんと1600億ドル(約18兆円)! フォーブスの米国長者番付で資産保有額が1000億ドルを超えるのは初めてだそうですから、米国人初の「1000億ドル長者」が誕生したことになります。

   しかも、2位のビル・ゲイツ氏(保有資産970億ドル)に、630億ドルもの大差をつけて「ぶっちぎり」の第1位!

   新番付が公表されるやいなや、各国のメディアがこぞって速報を流しました。

Jeff Bezos unseats Bill Gates on Forbes list of richest Americans
(ジェフ・ベゾスが、フォーブスの米長者番付で、ビル・ゲイツから首位の座を奪った)
unseat:議席を奪う、(公職から)退かせる、落馬させる

   「unseat」「seat」(椅子)から外す、つまり、政治家から議席を奪ったり、公職の座から追いやったり、馬から人を落とす(落馬させる)、といった意味で使う動詞です。

   半世紀近くも「首位」の座をキープしてきたビル・ゲイツ氏ほどになると、政治家や公人といったステータスで報じられるのでしょうか。

   それでも、ビル・ゲイツ氏が「絶対王者」の座を譲り渡したかというと、どうやらそうでもない様子。ベゾス氏はゲイツ氏に比べて「まだまだ足りない」と批判されています。

   フォーブスは2018年から、慈善活動への貢献度を1~5の範囲で示す慈善スコアを導入しましたが、ベゾス氏のスコアは下から2番目の2。最高評価の5だったゲイツ氏や、フェイスブック創業者マーク・ザッカーバーグ氏(長者番付4位)と比べてその低さが目立ちました。

   ベゾス氏は先日、ホームレス支援や学校設立のために立ち上げた慈善基金に20億ドル(約2230億円)を寄付すると発表。社会貢献活動に力を入れ始めてはいるものの、「ゲイツを見習え」「もうけすぎ」という批判が目立ちます。「絶対王者」の座は、簡単には奪取できないようです。

kaisha_20170303104637.png
井津川倫子(いつかわりんこ)
津田塾大学卒。日本企業に勤める現役サラリーウーマン。TOEIC(R)L&Rの最高スコア975点。海外駐在員として赴任したロンドンでは、イギリス式の英語学習法を体験。モットーは、「いくつになっても英語は上達できる」。英国BBC放送などの海外メディアから「使える英語」を拾うのが得意。教科書では学べないリアルな英語のおもしろさを伝えている。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中