2019年 12月 16日 (月)

「働き方の可視化」でタイムマネジメントを実現 チームスピリットが上場後初の事業戦略説明会

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   社員一人ひとりが創造性を発揮して誰もが楽しく働ける社会の実現に向けて、勤怠管理や就業管理などをワークフローで一体管理する働き方改革プラットフォーム「TeamSpirit」を提供するチームスピリット(東京都中央区)が、事業戦略説明&新製品説明会を、2018年10月16日に開催した。

   8月22日に東証マザーズ市場に上場して初めて、メディア向けに業績報告と事業戦略を説明。あわせて、働き方を可視化することでタイムマネジメントを実現していく新製品「TeamSpirit WSP」を披露した。

  • チームスピリット、上場後初の事業戦略説明会を開催(荻島浩二社長・左と開発チーム アーキテクトの倉谷彰氏)
    チームスピリット、上場後初の事業戦略説明会を開催(荻島浩二社長・左と開発チーム アーキテクトの倉谷彰氏)

「TeamSpirit」14万人の契約ライセンス数に成長

   働き方改革法案の成立で、いまや長時間労働の是正や、時短勤務やテレワークなどの柔軟な働き方などの、社員が働きやすい職場環境の整備に向けた取り組みは企業にとって大きな課題となっている。

   一方、労働力人口が減少。社員一人ひとりが創造性を発揮して、いかに高い生産性を生み出すかが重要となっている。

   そうしたなか、働き方改革プラットフォーム「TeamSpirit」を提供するチームスピリットの業績は、2018年8月期で売上高が12億3200万円で、前年比59.4%増の伸びを達成した。

   規模を問わず、内部統制の整備を目指す企業で、コンプライアンスや36協定を含む就業規則の遵守、未払い残業の防止、原価管理、決裁権限などを整備する場面で、「TeamSpirit」は多くの企業で採用されている。

   14万人の契約ライセンス数、契約社数は970社以上を有し、このような背景から2019年8月期も売上高で18億6900万円を予想している。

   荻島浩司社長は、

「昨今、AI、ロボットなど機械との競争の時代になっていますが、機械と競争するのでなく、これからは機械を使いこなしていくことが求められます。そのために、すべての人を創造する人にする社会をつくっていきたい」

と、抱負を語る。

「すべての人を創造する人にする社会をつくっていきたい」(荻島社長)
「すべての人を創造する人にする社会をつくっていきたい」(荻島社長)

   この日発表した、新たに投入する製品は「TeamSpirit WSP」。同社では、働き方改革を前へ進め、生産性を高めるソリューションを付加する製品と位置付けている。従来からのムダな間接業務の効率化に加えて、働き方を「可視化」することによって、タイムマネジメントを実現していくという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中