2018年 11月 18日 (日)

錦織選手も太鼓判! 世界1位も夢ではない大坂なおみの「potential」(井津川倫子)

印刷

   2018年のスポーツ界で大躍進を遂げた選手といえば、文句なしにテニスの大坂なおみ選手でしょう。

   シーズンが始まる1月に68位だった世界ランキングは、日本女子歴代最高タイの4位にまで上昇! 一気に世界中の注目の的になった大坂選手ですが、早くも来シーズンに向けて明るい「なおみ節」が全開です。

  • 来シーズンの、さらなる活躍が期待される!(2018年9月13日撮影)
    来シーズンの、さらなる活躍が期待される!(2018年9月13日撮影)

激動のシーズンに「私は、成長したと思う」

   9月の全米オープン女子シングルスで、セリーナ・ウイリアムズ選手を破って優勝した大坂なおみ選手。セリーナ選手が審判の判定に大声で不満をぶつけ、ラケットを投げるなどの荒々しい言動で批判を浴びた一方、試合後の表彰式でみせたキュートな対応は世界中のファンのハートを射抜きました。

   一夜にして「ヒロイン」となった大坂選手は、その後の生活が一変したといいます。世界中のどこに行っても、声をかけられたりサインを求められたりといった環境に慣れず、ストレスで体調を崩したこともあったようです。

   残念ながら、シーズン最終戦となったWTAファイナル第3戦をケガで途中棄権しましたが、試合後のインタビューでは、自身の成長を実感した年だったと語りました。

I think maybe in the beginning of the year I was very uncertain with what I was doing. But now I feel a bit more calm
(年の初めは、自分がやっていることにあまり確信が持てなかったけど、今はずっと気持ちが落ち着いている)

It's been a crazy year
(今年は、クレイジーな年だった)

It's just been a lot of new experiences. I'm very grateful that I was able to have the opportunities that I had.
(新しい経験ばかりだった。自分がこんな機会を得られたことに感謝している。

I feel like I have matured. I hope I can say that.
(成長したと思う。そう言えるといいな)

   インタビューでは、せっかく休みを取ってもうれしいのは最初の1日だけで、2日目にはもうラケットを握りたくなると明かした大坂選手。心の底からテニスが大好きな様子が伝わってきました。

   来シーズンは苦手なハードコートの攻略を目標に、さらにテニスに励むことを宣言している大坂選手。キュートな笑顔とタフなプレーが、待ち遠しいです。

錦織選手も絶賛「なおみは世界1位になれる!」

   現在(2018年10月29日付)、世界ランキング5位の大坂選手ですが、あの錦織圭選手が「1位になる可能性を秘めている」と、その実力を絶賛しました。

I'm sure she has the potential to become number one in the world
(僕は、彼女が世界ランキング1位になる素質があると確信している)
potential:ポテンシャル、可能性、素質
have potential:素質がある

   さらに、全米オープンでの優勝について、こうコメントしました。

Her win vs. Serena was epic!
(彼女がセレーナに勝ったことは、最高だった!)

   「epic」は、「最高だ」「大規模だ」という意味で使われるスラングだそうです。若者がよく使う表現のようですが、スラングまで自在に操るとは、さすが世界の錦織選手です。

   では、ここで、「今週のニュースな英語」です。

   今回は、錦織選手のコメントから、「have potential」(素質がある)を使ったフレーズを学びましょう。

I think you have potential as a leader
(あなたには、指導者になる素質があると思います)

   形容詞の「great」を加えると、さらに強調できます。

I think you have great potential as a leader
(あなたは、指導者になる素質がものすごくある)

This product has the potential to become a super hit
(この商品は、ものすごいヒット商品になる可能性があるよ)

   いいことだけではなく、悪い影響を与える可能性を表す時にも使います。

These drags have potential for harm
(これらの薬は、害を与える可能性がある)

   報道によると、一足先に世界のトップアスリートの仲間入りをした錦織選手のアドバイスが、大坂選手の快進撃を支えたそうです。

   全米オープン優勝後は、記者会見の度に数百人の報道陣が詰めかけて、まさに一挙手一投足が注目される大坂選手。まだまだ21歳の若い才能がつぶされることなく、のびのびと開花する「potential」(可能性)を信じたいと思います。(井津川倫子)

kaisha_20170303104637.png
井津川倫子(いつかわりんこ)
津田塾大学卒。日本企業に勤める現役サラリーウーマン。TOEIC(R)L&Rの最高スコア975点。海外駐在員として赴任したロンドンでは、イギリス式の英語学習法を体験。モットーは、「いくつになっても英語は上達できる」。英国BBC放送などの海外メディアから「使える英語」を拾うのが得意。教科書では学べないリアルな英語のおもしろさを伝えている。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中