2019年 12月 6日 (金)

独走する國學院大 ドル上昇に対応できず、早大、慶大、一橋大が後退(FX大学対抗戦)

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   110円台後半だったドル円相場は2018年10月29日、日経平均株価の下落を受けて、111円78銭まで軟化。しかし、欧州株の底堅さから112円台に回復すると、翌30日には、トランプ米大統領の対中貿易への前向き発言で日経平均株価が急反発。米株式市場の大幅上昇もあり、113円15銭まで伸ばした。

   米国の10月ADP雇用統計が市場予想を上回ったこともドル買いの材料。その後は米経済統計の発表を機に112円台半ばを付けたが、週末には113円台に戻した。

   デイトレードで利益を上げて独走する國學院大学を追撃すべく、早稲田大学、慶応大学、一橋大学が動くが一歩後退。その差を広げた。明治大学はタイミングを見計らい、慎重を期した。

  • 國學院大がスゴイことに!
    國學院大がスゴイことに!

損切り、そしてまた損切り......(早稲田大)

   10月30日(火)

   きょうのドル円相場は全体的にドル高が進み、17時ごろにはレンジ上限112.7円付近まで近づいた。ただ、日経平均株価が反発し、前日比300円高と一時的にいいパフォーマンスを見せていたため、NY株式市場はまだ開いていないとはいえ、レンジ圏内に収まった一時的な円高が進むと考え、売りをかける。

   1ドル112.65円で、売りポジションを持った。

   10月31日(水)

   自分の意図に反して、市場はリスク志向的なドル高基調に乗っていった。ここは損切りしかないかと......。

   1ドル112.65円で売り、122.87円で買い戻した。75円の損失。

   現在、9904円である。

   11月2日(金)

   10月初めからFX取引を始めて、もう1か月が過ぎようとしている。ここで少し、この間の為替市場の概観を振り返ってみたい。

   11月上旬までは順調に円高トレンドを継続していたドル円相場だが10月11日頃から、相場は一変した。米国の金利上昇、米中貿易摩擦などへの投資家の警戒が強まったことで、米国株は売られに売られ、NY外国為替市場が開く前に、1ドル113.3円程度を付けていたものが、投資家がリスク回避の動きを見せ、円買いに集中したことにより、たったの1日で112.3円まで下げるという、われら学生トレーダーにとっては波乱の幕開けを印象付けた。

   それから数日間、為替相場は常に株式市場をうかがいながら、推移していたように思う。

   米国株が上げれば、円安が一時的に進み、下げればリスクヘッジとして円が買われ円高が進んだ。因果関係自体は単純なように見えたが、大きく勝負に出ることなく損切り、損切りと、ダラダラ取引を続けていき資産を減らしてしまった。

前週からの損益 マイナス75円
11月2日現在  9904円

プロフィール
早稲田大学 TK
現在、投資サークルForwardに所属。投資経験は大学に入って少しかじった程度。FX取引の経験はまったくなく、このFX大学対抗戦が初めて。「早稲田」の名に恥じぬよう、学びながら積極的に取引していきたい。将来は金融関係の職業に就きたいと、漠然と考えている。神奈川県出身。
明治大学 レン
経営学部2年。FX取引はデモで少しやった程度の初心者。趣味は麻雀。押し引きが投資に似ている気がする(笑)。学びながら他大学の様子も見つつ、うまくやっていきたい。東京出身。
慶應義塾大学 ミリオネア
法学部1年。FX取引も、株式も、高校卒業とほぼ同時に勉強を始めた初心者。好きな食べ物は小籠包。嫌いな食べ物は生タマネギ。将来は金融系の仕事に就きたいと思っている。今の目標は、このFX大学対抗戦で勝つこと! 1万3000円台まで儲けたい。
一橋大学 ハマチ
経済学部2年。趣味は、株式投資の銘柄探しとパソコンゲーム。週末は家でゆっくり過ごすのが定番。これまではファンダメンタル分析を軸にした株式投資に注力してきたが、FX投資は初挑戦。このコンテストの中で実力を磨き、トップを狙う。宮城県出身。
國學院大学 ネオニート
経済学部3年。埼玉県出身。趣味は散歩。昼は大学生、夜はキャバクラのボーイをしている。将来は、為替ディーラーになりたい。自分のトレードスタイルはデイトレードで、主に移動平均線によるテクニカル分析を用いている。取引する時間帯はロンドン時間からニューヨーク時間にかけて。重度のめんどくさがりだが、毎週更新、がんばります!
Twitterアカウント:https://twitter.com/tora__sub
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中