2018年 12月 10日 (月)

ポーカーで1億7000万円を稼ぐ男の素顔 「僕はギャンブラーではない」

印刷

   2011年から毎年行われている日本最大規模のポーカー大会「ジャパンオープンポーカーツアー Season15 TOKYO」で、香港からの招待選手Alan King Lun Lau(アラン・キング・ルン・ラウ)さんが、参加者2万5000人の頂点に輝いた。

   アランさんは、香港のポーカー団体「Hong Kong Poker Players Association」(HKPPA)の所属。アジア・プレーヤー・オブ・ザ・イヤーを2回受賞している、ズバ抜けたテクニックの持ち主で、すでに生涯獲得賞金は1億7000万円を超えている。

   その素顔に迫った。

  • ジャパンオープンポーカーツアーTOKYO大会で優勝したアランさん(中央)
    ジャパンオープンポーカーツアーTOKYO大会で優勝したアランさん(中央)

ポーカー歴6か月でも「ファイナルテーブル」へ

   ジャパンオープンポーカーツアー(JOPT)は2018年10月7~8日、東京・銀座のBAGUS PLACEで開かれた。

ジャパンオープンポーカーツアー Season15 TOKYO大会
ジャパンオープンポーカーツアー Season15 TOKYO大会

   全国の60か所以上あるポーカースポットの予選会と、インターネットを通じた、世界最大のオンラインポーカーサイト「Poker Stars」のオンライン予選を勝ち上がった人だけが本選に出場。そこで優秀な成績を収めたプレーヤーは、日本代表選手としてとしてPokerStars主催のマカオやマニラ、ソウルなどで開かれる海外トーナメントに登録され、世界のポーカープレーヤーとスキルを競うことができる。

   今回はオンライン予選を含む、約2万5000人が参加。大会当日は349人がメイントーナメントに進出して熱戦を繰り広げた。

   ポーカーは頭脳を競い、対人スキルが必要なゲームといわれる、知的なかけ引きを楽しむカードゲーム。必ずしも手慣れたプレーヤーがいい成績を収めるとは限らず、この日も、まだポーカーをはじめて数か月のプレーヤーが参加。ファイナルテーブルに進出して4位になったPYONさんはポーカーをはじめて、まだ6か月だった。

   上位進出のチャンスは、誰にでもあるわけだ。

   大会を主催したジャパンオープンポーカーツアー株式会社の宮田達宗代表によると、参加したプレーヤーは20~30代の男性が多く、女性は全体の5%ほどだが、最近は増えつつあるという。所得の高いサラリーマンや経営者、投資家などが多く、独身者も少なくない。

   ふだんはPokerStarsに代表されるオンラインゲームで腕を磨くプレーヤーが多く、JOPT優勝者のアランさんもその一人だ。

ゲームアプリで磨いた腕

   アランさんは、ポーカーにはまったきっかけを、こう話す。

「最初はフェイスブックのポーカーアプリでした。ライブスポットに行く前ですが、まずPokerStars.netというオンラインで遊びはじめて、そこの予選を通過したんですね。するとマカオのRed dragonや、その後もいろいろな予選を通過してAPPT(Asia Pacific Poker Tour)などのイベントに出場するようになっていったんです。
PokerStars.netはすごくいいサイトですよ。少額からプレイできて、red dragonなどへの参加資格が得られる。だから、いいんですね」

ゲームアプリで遊んでいて、そこからラスベガスのWSOP(World Series of Poker)にも参加した。

   ふだんの生活ぶりは、

「プロのポーカープレーヤーというのは自営業に似ていて、自分でスケジュールを立てて、どこの、どんな大会に参加するかを全部自分で決めます。ポーカーをやっている以外の時間は、たとえば友達とスポーツをやったり、ほかのボードゲームをやったり、でしょうか。ずっとポーカーをしているわけではないですよ」

と言って笑う。

   プロになろうと決めたのは、ポーカーをはじめて2年目。

「ポーカーの戦略の部分に強く惹かれた。それまで、それほど情熱を傾けられるようなものがなかったこともある。ポーカーの成績もよかったし、じゃあなんでそれをビジネスにしないのかなと考えているちに、プロになろうと思った」
ポーカーをはじめたきっかけは「PokerStars」というアラン・キング・ルン・ラウさん。
ポーカーをはじめたきっかけは「PokerStars」というアラン・キング・ルン・ラウさん。

ポーカーと音楽の共通点?

   そして、こう続ける。

「僕はギャンブラーではありません。カジノゲームに興味があってカジノに行ったわけではなくポーカーとふれあって、それで予選を通過したから、大会に参加するためにカジノに行った。もしポーカーをやってなかったら、多分カジノにも行ってないでしょう」

   ギャンブルのイメージもあるポーカーだが、じつはアランさんが暮らす香港も、日本と同様に現金(リアルマネー)ではプレーできない。

「日本や香港のように、アミューズメントポーカーができる場所がなければ、ポーカーの成長にはつながらないんですよね。なので、アミューズメントポーカーができるところをつくって、皆さんにどうやってポーカーをやるのか教えて、トレーニングして、そこで成長した皆さんがマカオとか、いろいろな海外に行けるようになる。それがポーカーにとって、すごく大事だと思っています」

   そんな志の高いアランさんだが、もしポーカーのプロになってなかったら、どんな職業に就いたのだろう――。

   「音楽教師になっていたと思います」と即答。ポーカーをはじめる前は、バイオリンの先生だったという。

「音楽とポーカーには共通するところがあって、両方ともまず簡単なパターンの組み合わせと、創造的な部分を入れないといけないところ。音楽は創造的なものと考えられていますが、同時に強固なパターンに従ってもいます。ポーカーは強固なパターンですが、多くの創造性も求められます。したがって、どちらもパターン認識と創造性の組み合わせなのです」

   11月22~25日には、韓国・仁川のパラダイスシティで「Asia Open Poker Tour 2018 Korea」が開催される。

   アランさんは「(TOKYO大会では)たくさんの人に応援してもらって、そして優勝できてうれしいです。日本のプレーヤーのみなさんと、次の仁川大会でまたお会いできることを楽しみにしています」と、腕を撫す。

眼光鋭く...... (写真中央は、JOPTで優勝したアランさん)
眼光鋭く...... (写真中央は、JOPTで優勝したアランさん)
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中