2022年 8月 10日 (水)

その年末調整、ちょっと待った! 夫婦ともに正社員でも節税できるんです!(阿吽堂)

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

夫婦ともに正社員でも節税の可能性が......

   正社員の年収は、一般的には配偶者特別控除を受けられる年収の上限201万6000円を超える。しかし、育児中の女性の場合、育児休業や短時間勤務などにより一時的に下回ることも多い。

   また、配偶者特別控除の適用条件は年収と婚姻関係だけで、性別や年収の減少理由は関係ない。男性でも転職や育休取得で年収が減れば、妻が控除を受けられる。

   夫婦ともに正社員の共働きで、育児、介護、転職、病気などにより妻でも夫でも一方が低収入になっている場合、節税できる可能性がある。

   配偶者(特別)控除による節税は、パート主婦だけに限った話ではないのだ。

   ちなみに、勤務先の年末調整が終わった後でも、「確定申告」で控除は受けられる。また、前年の所得金額をもとに課税される住民税は翌年度以後に反映される。(阿吽堂)

コメント欄は2022年8月23日から、システムを移行します。詳しくはお知らせをご確認ください。
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中