2018年 12月 10日 (月)

ゴーン氏「腹心の友」はどんな人?「黒幕」G・ケリー容疑者が気になる(井津川倫子)

印刷

   日産自動車の元会長カルロス・ゴーン容疑者が逮捕されて以降、次々と新たな疑惑が報道されています。

   パリやアムステルダムの豪邸や、ベルサイユ宮殿での結婚式などの贅沢ぶりに世間の注目が集まっていますが、気になるのは「黒幕」として逮捕された「もう一人の男」。ゴーン容疑者の「腹心の友」は、いったいどんな人物なのでしょうか?

  • 「ゴーンショック」に揺れるニッサン(画像は、日産自動車のホームページ)
    「ゴーンショック」に揺れるニッサン(画像は、日産自動車のホームページ)

「共謀者」は米国で牧場を経営!?

   カルロス・ゴーン容疑者が役員報酬、約50億円を有価証券報告書に記載しなかったとして逮捕された事件で、前代表取締役のグレッグ・ケリー容疑者が、隠蔽を主導していたと報じられています。

Nissan said Kelly has been determined to be the mastermind of this matter.
(日産は、ケリーが今回の事件の黒幕だったと発表した)
mastermind:(名詞)立案者、黒幕、首謀者

   ケリー容疑者については、「経理部門も見抜けない『仕組み』をつくっていた」「日産社員ですら顔を知らない」「米国で牧場を経営している」といった情報が飛び交っていますが、ケリー容疑者に関する情報はほとんどなくて、米国の自動車業界紙が「Who is Greg Kelly?」(グレッグ・ケリーって誰?)と報じたほどでした。

   世界中に名前が知られているゴーン容疑者と比べて、「もう一人の男」といった地味な位置づけで報じられることの多いケリー容疑者。日産のオフィシャルサイトによれば、米国のオーガスターナ大学を卒業後、ロヨラ大学で法務博士号を取得。1988年に北米日産に入社後は、30年近く「日産ひとすじ」で勤務してきたようです。

   「世界の日産」の代表取締役ですから、MBA保持者で、高給を求めて数社を渡り歩く「プロ経営者」の姿を勝手にイメージしていましたが、経歴を見る限りは世界を揺るがす事件の「黒幕」にしては実直な感じです。

地味で目立たない「潜入スパイ」

   それにしても、ケリー容疑者の情報を探せば探すほど、あまりの「無名ぶり」に謎が深まるばかり。どんな人物なのかと想像がふくらんでいたところ、米経済紙ウオール・ストリート・ジャーナルでお目当ての記事を見つけました! 元同僚から「ケリー容疑者の素顔」を聞き出した記事ですが、タイトルからしてセンセーショナルです。

Ghosn's 'Inside Man,' Now Jailed in Japan, Quietly Wielded Power at Nissan
(現在日本で拘禁されている「ゴーンの潜入スパイ」は、日産社内で静かに権力を行使していた)
Inside Man:潜入スパイ
wielded power:権力を行使する、刀をふるう

   記事によると、 2012年に日本の自動車メーカーで初の米国人取締役になったケリー容疑者は、「low-profile」(地味な、目立たない)な存在だったものの、ゴーン容疑者の「confidant」(腹心の友)として社内で影響力があったそうです。

社内では「門番」としてよく知られた

   一緒に働いたことのある元役員は、ケリー容疑者のことをこう評しています。

Mr. Kelly became well-known inside the company-most significantly in the last decade as gatekeeper and confidant to Mr. Ghosn.
(ケリー容疑者はとりわけこの10年間で、ゴーン容疑者の「門番」で「腹心の友」として、社内でよく知られるようになった)
well-known as~:~としてよく知られる
decade:10年間
gatekeeper:門番
confidant:腹心の友、親友

   ケリー容疑者の人となりは詳しくわかりませんが、「Inside Man」(潜入スパイ)とか「gatekeeper」(門番)「confidant」(腹心の友)といった単語を見る限り、とにかくゴーン容疑者の側近としての立場を固め、社内で強い影響力があったことがよくわかります。

   報道によると、「会社のために尽くしてきた」と容疑を否認しているようですが、30年も務めた会社にロイヤルティーを感じなかったのか。もしくは、本心から「会社のため」と思ってゴーン容疑者の「黒幕」に徹したのか。

   ビジネスパーソンとしては、ゴーン容疑者よりもケリー容疑者の「動機」のほうが、謎めいていて気になります。誰か、「映画」か「小説」にしてくれないでしょうか?

   では、「今週のニュースな英語」は、「confidant」(腹心の友)を取り上げます。

   英英辞典では、「a person you trust and share your feelings and secrets with」(あなたが信用して、感情や秘密をシェアする人のこと)と解説しています。語源がフランス語で、女性に対しては最後に「e」をつけて「confidante」になるようです。

   「close」(近い)、「loyal」(忠実な)といった形容詞をつけると、さらに親密度が増します。

close confidant (親密な腹心の友)
loyal confidant (忠実な腹心の友)

Her brother is her closest confidant
(彼女の兄弟は、一番身近な親友だ)
He is my boss and confidant
(彼は私の上司であり、腹心の友でもある)

   今回の事件は、まだまだ緒についたばかり。しばらくは、ケリー容疑者に注目をしてニュースを追っかけようと思っています。(井津川倫子)

kaisha_20170303104637.png
井津川倫子(いつかわりんこ)
津田塾大学卒。日本企業に勤める現役サラリーウーマン。TOEIC(R)L&Rの最高スコア975点。海外駐在員として赴任したロンドンでは、イギリス式の英語学習法を体験。モットーは、「いくつになっても英語は上達できる」。英国BBC放送などの海外メディアから「使える英語」を拾うのが得意。教科書では学べないリアルな英語のおもしろさを伝えている。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中