2018年 12月 11日 (火)

【企業分析バトル】米中間選挙を待って買った食品系の「フィード・ワン」(明治大)

印刷

   「シューカツに使える企業分析バトル カブ大学対抗戦」がはじまって1か月。慣れないながらも株式相場を見ながら日々を過ごすのも習慣になりつつ、企業分析も少しずつ進めてきたが、2018年11月は、今後の1年を左右されると思われる米国議会の中間選挙あった。

   米中間選挙は、いわば大統領の2年間を評価するといっても過言ではないもの。トランプ米大統領は「アメリカファースト」を掲げており、自国の産業を推し進めているため、他国に対する関税を上げる政策をあげている。

   増税する関税の中に「食品」も含まれているため、選挙結果によっては日本の食品関係にも影響を及ぼすと考えた。そのため、今回は選挙結果を待って選ぶ銘柄を決めようと思っていた。

  • 米中間選挙で食品産業はどうなるのか?(画像はイメージ)
    米中間選挙で食品産業はどうなるのか?(画像はイメージ)

米議会「ねじれ」で関税の締め付けやわらぐ?

kaisha_20181203200928.jpg

   米中間選挙の結果は、上院と下院で多数派が別れる「ねじれ国会」となった。そのおかげで、トランプ政権は貿易政策を推し進めることも多少は難しくなったと見受けられる。そのため、貿易関税もあまり上がらないと考えて、今回は食品系の中でも畜水産物や配合飼料などを取り扱っている「フィード・ワン」(2060)を選んだ。

   この会社に目を付けた理由は

(1)自己資本比率こそ低いが、ROE(自己資本利益率)やROA(総資産利益率)が一般より高いこと
(2)加熱加工飼料の需要が増えており、この事業に3年間で100億円を投資していること
(3)米国大手と連携して乳牛の事業に参入していること

   この3点の理由で選んだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中