2019年 8月 18日 (日)

QUEENブームは止まらない!フレディに贈る「英国式 最高の誉め言葉」は?(井津川倫子)

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   「QUEENブーム」が止まりません!

   フレディ・マーキュリーの半生を描いた映画「ボヘミアン・ラプソディ」は相変わらずの快進撃で、公開から5週目の週末も興行収入が「異例」の前週超え! CDやDVD、関連書籍まで次々と売り上げ上位にランキングされるなど、もはや「QUEENブーム」は世界的な「社会現象」になっています。映画業界では、すでに二匹目のドジョウを狙った動きも......。

  • QUEENを生んだ英国ではuniqueは誉め言葉
    QUEENを生んだ英国ではuniqueは誉め言葉

マイケル・ジャクソンもビートルズも超えた!

   今回の「QUEENブーム」の引き金となった映画「ボヘミアン・ラプソディ」は、現在(12月上旬)はなんと、世界73か国で公開されています。全世界累計興行収入は5億9659万ドル(約677億円)に達し、たった1か月ちょっとで2018年世界興行収入トップ9にランクインする快挙を続けています。

   年末までにどれだけ順位を上げるのか、楽しみになってきました。

   この映画の製作費は5200万ドル(約60億円)と、言われています。製作・配給を担当した20世紀フォックス社は、元手をとっくに回収済み。想定外のウルトラヒットぶりに、笑いが止まらない状況でしょう。

   「QUEENブーム」は映画だけにとどまりません。

   世界中でCDやDVDの売り上げが伸びていますが、先日、大ヒット曲「ボヘミアン・ラプソディ」のグローバル・ストリーミング再生数が世界で16億回を超え、20世紀の楽曲で最もストリーミングされた曲になったと発表されました。

Queen's Bohemian Rhapsody becomes most streamed song from 20th century
(クイーンの「ボヘミアン・ラブソディ」は、20世紀の楽曲で最もストリーミングされた曲になった)

   ユニバーサル・ミュージックが、スポティファイやアップル・ミュージックを含むオンデマンドのサービスや、ユーチューブでの配信を通じたストリーミング回数を調べた結果だそうですが、あのマイケル・ジャクソンやビートルズの曲はTOP5にランクインしていません。

   いかに「ボヘミアン・ラブソディ」が世代を超えて愛されているかわかります。元祖QUEENファンはLPレコードやCDの世代ですから、ストリーミングの世代も巻き込んでいるのですね。

   ちなみに、QUEEN映画の成功ぶりに刺激を受けたのか、ポップ・ミュージックの帝王「プリンス」の楽曲を用いた映画が企画されていると報じられています。果たして「二匹目のドジョウ」はいるのでしょうか?

   これからも、「QUEENブーム」の影響はいろんなところに飛び火しそうですね。

kaisha_20170303104637.png
井津川倫子(いつかわりんこ)
津田塾大学卒。日本企業に勤める現役サラリーウーマン。TOEIC(R)L&Rの最高スコア975点。海外駐在員として赴任したロンドンでは、イギリス式の英語学習法を体験。モットーは、「いくつになっても英語は上達できる」。英国BBC放送などの海外メディアから「使える英語」を拾うのが得意。教科書では学べないリアルな英語のおもしろさを伝えている。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中