2019年 5月 25日 (土)

ようやく上向き、BCHで慶応大学がウハウハ、國學院大学はXRPでひと息(カソツー大学対抗戦)

印刷
ロート製薬が開発した糀でできたクリーム。500円モニター募集!

   時価総額で世界最大の仮想通貨、ビットコイン(BTC)は、2018年12月17日週に36万1000円~46万4000円で推移。ジワジワと上向きに転じているが、どうも上値が重いようだ。ビットコインキャッシュ(BTH)は、ハードフォーク(仮想通貨のルール変更の際、旧ルールを無視して新ルールを適用することで旧ルールの互換性がなくなること)騒動のダメージから回復基調をみせている。

   早稲田大学のTHKは慎重に利益を確保。逆に、明治大学のホフマンはロスカットを焦り、躓く。リップル(XRP)を保有する慶応義塾大学の馬医金満はビットコインキャッシュ(BCH)につっ込み、それが大きく利益を生んでトップに立つ。XRPに投資する國學院大学の億トレーダーも、ようやくプラスを確保。うれしさを隠さない。このまま上昇気流に乗れるか!?

  • リップルで笑う、慶応義塾大学と國學院大学
    リップルで笑う、慶応義塾大学と國學院大学

BTHの底値を探る......(早稲田大)

12月18日(火)

   先週金曜日から仮想通貨市場はさらに一段と落ち込み、1ビットコイン(BTC)35万円台を割り込むまでに至った。現在保有しているリップル(XRP)も、その緩やかな下落トレンドに乗っていったが反発を狙い、しばらく様子を見た。

   そして、きょう一気にその波が来たようだ。BTCはいつものようにそのボラティリティを見せつけたった半日で10%上げ、XRPについても20%も上昇して、現在1XRP=38円ほどだ。

   ただ、結局は買った時の価格よりは低いので、いまいち喜べはしないが、とりあえず総保有XRPの半分の50XRPを1XRP=38円で損切りした。プラス543円。

   現在の総資産は日本円とXRPを合わせて1万33円である。ここからも基本的には売却していくスタンスで機会をうかがっていきたい。現物オンリーのトレードではこのような長期下落相場にある時に、ヘンに強気にならず、慎重にタイミングを見極めていきたい。

12月21日(金)

   この1週間、仮想通貨市場は好調に推移しはじめている。主要通貨全体が急騰し続けているが、特にビットコインキャッシュ(BTH)の上昇が群を抜いて凄まじい。とはいえ、つい1か月前まで1BTHが7万円もあったことを考えると、投資家にとって底値を見極めるのは至難の業であったはずだ。

   自分のポジションはというと、XRPがあれから続伸したため、1XRP=41円で手持ち分をすべて売却。波が去ってから、また底値を探りに行く。現在の総資産はすべて日本円の保有で1万173円である。

保有する資産  なし
前週からの損益 プラス543円
12月21日現在  1万173円

焦りすぎた!!(明治大)

   こんにちは。年末は実家でダラダラする予定のホフマンです。

   さてさて、仮想通貨取引のほうはダラダラしてられないようですね。自分が入れていたBTC(ビットコイン)の売りの指値が40万7000円で入ってあとも、BTCの価格はぐんぐん上昇しています。逆行しています。ロスカットをするか迷っているところです。

   ロスカットをするなら早めにしないと。自分はこの仮想通貨バトルでは。取引を、事前に宣言した後でおこなうので、ロスカット幅なども事前に決めて入ればと思いました。

   12月21日(金)現在、仮想通貨の価格は45万円ほど、前回に比べて1000円ほどのマイナスです。なので、ここでロスカットをして、目線を上目線、つまり買い目線に変えます。40万台に戻った際に、また「買い」を入れようと思います。

   利益確定は43万円前後。損切りは38万5000円前後。年末にかけての動きが楽しみです。

保有する資産  なし
前週からの損益 マイナス997円
12月21日現在  9453円

今週はスゴイ!!(慶応大)

   みなさんこんにちは。馬医金満です。

   やっとリップル(XRP)が上がり始めました。

   12月17日(月)から上がり始めたXRPは、右肩上がりで価格が上昇。一時は44円近くまで上がりました。

   どの出来事が直接的な引き金になったのか、気になりますが、仮想通貨の価格は「上昇→安定期 → 下落 → 反発」の循環を繰り返していると考えられており、今回の価格上昇もこの循環の枠の中での値動きなのではないかと考えています。

   しかし、今回はここからが本番。この1週間のチャート見ていて、上がりそうな兆候が見受けられたので、ハードフォークで話題になっているビットコインキャッシュ(BCH)に5000円を突っ込んだところ、1XRP=11,743円 → 21,570円とほぼ倍の値段で利益を確定させることができました!

   ひぇ~~~。プラス5077円!!!

   現在はトータルで1万4045円です! 今週はスゴイ!!

   あまりに値動きが激しいのでジェットコースターのような毎日を過ごしていますが、勝つべきところで着実に勝てるように、頑張りたいと思います。

   ではまた!

保有する資産  XRP
前週からの損益 プラス5077円
12月21日現在  1万4045円

下降トレンドの出口が見えた!(國學院大)

12月17日(月)

   きょうのXRP (リップル)は強い買いが入り、始値の32円台から大きく上昇。高値が38円台まで上昇した。終値は36円台だった。今回の上昇はトレンドが転換する鍵になる上昇である予感がした! 今後の動きに期待!!

12月18日(火)

   きのうに引き続きXRPが上昇。始値の36円台から安定して上昇して終値は39円台だった。きょうの買い材料としては、元IMFエコノミストがBTC(ビットコイン)を高値付近の約220万円からショートポジションを持っていたのをすべて決済。そのことで、大物エコノミストが底値と判断したとみられることが一因と考える。

12月19日(水)

   きょうのXRPは一時44円台まで上昇したが、終値は38円台で始値(39円台)より下落した。上昇が途絶えたことで、まだまだ下落トレンドなのか、それとも上昇トレンドの途中なのか判断しがたいが、ここは上昇トレンドに入ったと願いたい。

   あした上昇して、終値が40円台であったら、まだまだ上昇するはずだ!

12月20日(木)

   XRPは38円台の始値から大きく上昇。終値は41円台となった。意識していた「40円の壁」を超えたのは大きいと考える。40円付近と30円台でXRPを買い増しているので、上昇して安心している。

12月21日(金)

   きょうのXRPは41円台で始まり、終値は39円台と下落した。しかし前日の始値(38円台)よりは高かったので、まだ上昇トレンドは続いていると考える。

   また、日足の一目均衡表の雲に接近してきているので今後の動きに期待したい。恐らく来週は雲に接近する機会があるだろう。とにかく、下降トレンドの出口が見えてよかった。この上昇が長期に渡り続いてほしい。久しぶりの上昇で、うれしい限りだ!

保有する資産  XRP
前週からの損益 プラス1361円
12月21日現在  7776円

プロフィール
早稲田大学 TKH
政治経済学部2年。趣味は釣りと読書。最近、健康を気遣ってジムに通い始めました。早稲田大学投資サークルForwardに所属。仮想通貨投資は2017年に始めたばかり。投資経験は大学に入って少しかじった程度だが、この1年間はきちんと市場に向き合って利益を得られるよう努めたい。
明治大学 ホフマン
政治経済学部2年、宮崎県出身。好きな芸能人は、ビートたけし。趣味はエレキベース、DJ。最近は映像やVR作品の作成もスタートした。2017年11月から仮想通貨のトレードをスタート。草コインといわれる底辺コインに手を出し資産20倍などを体験したものの、バブルがはじけて激減。取引のbotの作成に取り組むが断念。今回は1万円を元手に取引するということで、1年かけて50%の増額を目指したい。
慶應義塾大学 馬医金満
環境情報学部2年。周りの友達の多くが情報系、バイオ系の研究をしているなか、元日銀審議委員の教授の下、金融政策を学んでいるマイノリティ。4つのアルバイトを掛け持ちして、年に10日もフリーな日がない。仮想通貨の取引歴は1年ほどで、まだまだ初心者。現在、ブロックチェーン技術そのものの仕組みと、時事ニュースに興味津々。仮想通貨で現金100倍! が目標。
國學院大學 億トレーダー
経済学部3年、埼玉県出身。尊敬する人は、井戸実、本田圭佑、大谷翔平、錦織圭。理由は、明確な目的に向かって貪欲に努力できる人だから。将来はスマートフォンのように人々にとって必要不可決なモノを生み出し、世界的な起業家になるのが夢。株式投資をきっかけに投資の世界に入ったが、現在はFXやCFD(Contract for Difference=差金決済取引)を中心に取引している。テッペン狙います!!
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中