2019年 11月 22日 (金)

【投資の着眼点】トレードは「自分に勝つ」ことが大事なのだ!

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   ひとたび株式投資を勉強しようとすれば、世の中にはたくさんの投資の指南本があふれている。しかし、問題はそうして紹介されている手法の中でどれが「自分に合った」テクニックなのか、ということだ。

   9時から17時まで仕事をしているサラリーマンであれば、デイトレードは候補にならないだろう。「チャートを見るのは1日1回だけ」という条件で、歴史のある手法を取り上げてみた。

  • 「勝つ」ためには「ルールを守り続けること」!
    「勝つ」ためには「ルールを守り続けること」!

「タートル流投資」で学ぶ

   1980年代の米国で、大物投資家二人がある賭けをした。一人は「投資は天性の才能が必要で、誰かに教えることはできない」と言い、もう一人は「誰かに投資を教えて、投資家を育てることは可能だ」と信じていた。

   どちらが正しいか実証するため、全米から総勢20名の投資家の卵を集め、実際に二人が投資教育を行った。これが「タートルズ」と呼ばれる計画だ。詳しくは、「タートル流投資の魔術」(徳間書店刊)に書かれている。

   テクニカル分析のインディケータとして、ドンチャン・チャネル(一定期間の高値と安値の推移を線で表したもの)とATR(Average True Range=ボラティリティを表す指標で、1日の平均的な値動きを表す。ATRが上昇するとボラティリティが高まると判断し、下降すると低くなっていると判断する)と呼ばれるものを使用している。以下は、その概要だ。

   【新規買い】

   過去60日(12週)ドンチャン・チャネルの高値更新で「買い」

   【決済売り】

   (1)購入価格から「ATRの2倍」の下落で「売り」

   (2)過去20日(4週)ドンチャン・チャネルの安値更新で「売り」

   ドンチャン・チャネルについては、新規買い、決済売りともに、過去50日のドンチャン・チャネルを用いてもよい(個人的にこちらのほうがオススメだ)。なお、ATRは日足チャートに対して適用する。

タートルズのインディケータを表示したチャート(画像は、ドル円週足チャート)
タートルズのインディケータを表示したチャート(画像は、ドル円週足チャート)

   「タートル流投資の魔術」の取引方法は、過去のチャートを用いた検証が比較的簡単な投資手法だ。タートルズの手法を実践したい人は、現実の資金で運用する前に、あらかじめ取引すると決めた金融商品の過去の実績を確認したほうがいいだろう。

   とくに連勝数と連敗数は最大でいくつか、といった要素のチェックは、実際の取引でストレスを感じないためにも役立つはずだ。

   「タートル流投資の魔術」(徳間書店刊)には、投資対象はできればさまざまな商品に分散投資するべきだと書かれている。

   過去チャートを検証した個人的な所感としては、エネルギーや商品先物の成績が良好だ。株価指数(日経平均株価など)や外国為替証拠金(FX)取引は、先進国市場よりも新興国市場のほうが、成績は安定する傾向がある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中