2019年 1月 18日 (金)

笑うのはどっちだ!? XRPを売った慶應大、買い増した國學院大(カソツー大学対抗戦)

印刷

   クリスマスにかけて米国情勢への不安から株式市場が大幅下落すると、リスクオフの動きが強まり、仮想通貨市場でも「売り」が強まった。ビットコイン(BTC)は一時40万円まで下落。その後、株式市場が持ち直すと価格は下げ止まり、42万円付近で横ばいに推移した。年末にかけても下げ圧力が続いた。

   リップル(XRP)も急騰後、急落する激しい値動き。下落基調のなか、イーサリアム(ETH)だけは買いが優勢となった。

   早稲田大学のTKHは1BTC=38万円を割り込むあたりに照準を合わせ、虎視眈々。明治大学のホフマンは想定していた指値が刺さり、慶應義塾大学の馬医金満は保有していたXRPをすべて清算して利益を確保した。逆に、國學院大学の億トレーダーはXRPを買い増して越年した。

  • 慶応大学が着々と利益を積み増す
    慶応大学が着々と利益を積み増す

2018年の最底値に照準!(早稲田)

12月27日(木)

   今週から冬休み。アルバイトなどいろいろな予定を入れてしまい、なかなか相場をリアルタイムで観察する時間を設けることができなかった。ただ、仮想通貨関連のニュースには常日頃から目を向けてはいるため、特にひとつ仮想通貨市場にとって長期目線で好材料となりうるニュースがあったので、ピックアップして自分の考えを述べる。

   まず言及しておきたいのは、みずほ銀行が2019年3月にも日本円の価値と同期させたデジタル通貨を発行することを発表したことだ。もともと、みずほ銀行や多数の地方銀行では「Jコイン構想」という仮想通貨技術を用いた新たな通貨圏を構築して、日本でのキャッシュレス化を推し進めることを思い描いていたが、それが現実化に向けて着実に進行していることが、報道でわかった。メガバンクがこのような仮想通貨技術に裏付けされたシステムの構築を図ることは、世間で仮想通貨に対して今なお根強い懐疑的な意見を一掃し、主要通貨の普及が加速度的には高まるかもしれないとポジティブな意見の一つとして覚えておきたい。

12月28日(金)

   今週は前週よりも高い水準で推移し続けていた仮想通貨市場だが、きょうは朝から市場は真っ赤(下落)である。

   気になるのは、ここからまた底値更新を目指すかどうか。個人的には2018年の最低値の、1ビットコイン(BTC)=38万円台を割り込んだあたりから買ってみようかと思っている。それまでは下手にさわらないでおきたい。

保有する資産  なし
前週からの損益 プラス・マイナスゼロ
12月28日現在  1万173円

指値が刺さった!(明治大)

   こんにちは! 寒いのは苦手だけど、カフェに入るとアイスコーヒーを頼むホフマンです。さて今週ですが、事前申告していた売り指値が刺さりました!

   指値は1ビットコイン(BTC)= 40万円付近においていました。利益確定は43万前後、損切りは38万5000円前後にしようと考えています。

   前週は焦って入れた買い指値と自分で決めた注文の事前申告ルールによって、かなり損しました。前週までの流れをみて、40万円から35万円くらいの壁は結構ぶ厚いということがわかったので、もしこの水準以下に価格が下降するとしても、時間がかかるだろうという読みを立て「買い」注文の指値を出しました。

   BTCの価格は41万円くらいから一気に下がり、買い指値に刺さりました。この買い注文が43万円くらいになった時に「売り」を入れたいと思います。

   43万円後の様子を見てまた42万前後で「買い」を入れるかもしれません。注意しなければいけないのは、40万円付近にもう一度価格が下がったら、この40万円のラインも崩れ、また暴落が起きそうだということです。

   その暴落で損せずに、ガッチリ利益を獲得できるよう準備をしていきたいです。

保有する資産  BTC
前週からの損益 マイナス36円
12月28日現在  9417円

XRP、ピーク時にすべて清算(慶応大)

   みなさんこんにちは。馬医金満です。今週は12月25日(火)あたりに価格のピークを迎え、多数の通貨が高騰しました。

   特に、ずっとウォッチしているリップル(XRP)は1か月ぶりに1XRP=49円台まで上がりました。執筆時点では12月25日に比べて少し落ちていますが、12月半ばの「底値」に比べるとだいぶ回復した印象です。

   さて今週の取引ですが、XRPがピークに達した25日に、すべて精算しました!

   1XRP=48.7円だったので、最初に比べるとマイナスですが30円代のところで持ちこたえてホールド(維持)しておいてよかったと思います。650円のプラスです。

   これで2018年の取引は終了。年末は来年以降の投資の仕方について考えようと思います。

保有する資産  なし
前週からの損益 プラス650円
12月28日現在  1万4695円

買い増しでポートフォリオはXRP一色(國學院大)

12月24日(月)

   きょうのリップル(XRP)は買い優勢で出来高の多い1日だった。XRPのレンジは広く40円台から49円台を推移。終値は44円台で始値の40円台から上昇した。また、日足の一目均衡表の雲を抜け出すことはできず、長い上ひげを記録した。

   そのことから年内は相場が横バイに推移すると推察する。

12月25日(火)

   この日のXRPは売り優勢で、出来高はきのうより少ないものの比較的多かった。XRPのレンジは44円台から40円台で終値は41円台だった。

12月26日(水)

   XRPは始値と終値の幅がすごく狭い日で終値は42円台。XRPのレンジは高値の43円台から安値の39円台で、方向感の定まらない1日だった。

12月27日(木)

   きょうのXRPは出来高が少なく、始値の42円台から大きく相場は下落。終値は37円台だった。今回の下落は、やはり24日に雲を抜けなかったのが大きいと考える。日足の一目均衡表で見ると、まだ雲の下に相場は推移しているので、いつ雲を超えるか――。期待したい!!

12月28日(金)

   きょうはXRPを買い増しした!

   1XRP=37円台の時に、残りの400円でXRPに買い注文を入れ、無事に約定した。今回の買い増しで、ポートフォリオはXRP一色になった。あとは、上昇するまで長期的に持ち続けたいと思う!!

   2019年に期待したい!!!

保有する資産   XRP
前週からの損益  プラス255円
12月28日現在    8031円

プロフィール
早稲田大学 TKH
政治経済学部2年。趣味は釣りと読書。最近、健康を気遣ってジムに通い始めました。早稲田大学投資サークルForwardに所属。仮想通貨投資は2017年に始めたばかり。投資経験は大学に入って少しかじった程度だが、この1年間はきちんと市場に向き合って利益を得られるよう努めたい。
明治大学 ホフマン
政治経済学部2年、宮崎県出身。好きな芸能人は、ビートたけし。趣味はエレキベース、DJ。最近は映像やVR作品の作成もスタートした。2017年11月から仮想通貨のトレードをスタート。草コインといわれる底辺コインに手を出し資産20倍などを体験したものの、バブルがはじけて激減。取引のbotの作成に取り組むが断念。今回は1万円を元手に取引するということで、1年かけて50%の増額を目指したい。
慶應義塾大学 馬医金満
環境情報学部2年。周りの友達の多くが情報系、バイオ系の研究をしているなか、元日銀審議委員の教授の下、金融政策を学んでいるマイノリティ。4つのアルバイトを掛け持ちして、年に10日もフリーな日がない。仮想通貨の取引歴は1年ほどで、まだまだ初心者。現在、ブロックチェーン技術そのものの仕組みと、時事ニュースに興味津々。仮想通貨で現金100倍! が目標。
國學院大學 億トレーダー
経済学部3年、埼玉県出身。尊敬する人は、井戸実、本田圭佑、大谷翔平、錦織圭。理由は、明確な目的に向かって貪欲に努力できる人だから。将来はスマートフォンのように人々にとって必要不可決なモノを生み出し、世界的な起業家になるのが夢。株式投資をきっかけに投資の世界に入ったが、現在はFXやCFD(Contract for Difference=差金決済取引)を中心に取引している。テッペン狙います!!
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中