2019年 1月 18日 (金)

【企業分析バトル】荒れる株式市場で「持ち直し期待」セブン&アイHDの「底力」を探る(早稲田大)

印刷

   12月になっても日経平均株価が持ち直さず、年末にかけては米国株の下落を受けて、2018年3月に付けた年初来安値を更新して、さらには2万円を割り込んだ。

   荒れる株式市場にあって、今回は大企業で今後株価が持ち直せそうだと予想したセブン&アイ・ホールディングス(HD)について分析した。

  • 厳しい株式市場を、セブン&アイHDで乗り切る!
    厳しい株式市場を、セブン&アイHDで乗り切る!

誰もが知っている「子会社」がぞろぞろ

【セブン&アイ・ホールディングス(3382)】
2018年12月28日 保有株数   100株  
          取得単価   4536円(12月25日取得) 
年初来高値 2018年10月5日  5203円
年初来安値 2018年3月2日   4275円
2018年12月28日終値      4783円 

   セブン&アイHDは、誰もが一度は聞いたことのある会社を、多数子会社に持つ国内2位の流通グループである。

   事業分野としては、国内および海外のコンビニエンスストア事業とスーパーストア事業、百貨店事業、金融関連事業、専門店事業があり、それぞれ「セブン-イレブン・ジャパン」「7-Eleven,Inc.」「イトーヨーカ堂」「そごう・西武」「セブン銀行」「赤ちゃん本舗」といった有名な事業会社を、傘下に保有している。

   中核となる国内コンビニ事業のセブン-イレブン・ジャパンは、国内1位の2万700店舗(2018年12月末現在)を持ち、安定した事業経営を行っている。

   「セブンプレミアム」などのプライベートブランド商品はコンビニだけでなく、グループのスーパーや百貨店などでも売られ、安さだけでなく食の品質や安全性を求める消費者から支持され、売り上げを伸ばしている。

   さらにはインターネットで食事のメニューを注文すると、翌日に弁当や惣菜を自宅まで届けてくれる「セブンミール」というサービスも提供。多様な販売システムを確立している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中