2019年 2月 23日 (土)

「アップル・ショック」もなんのその、明治大「お年玉」もらう!(カソツー大学対抗戦)

印刷

   2019年の仮想通貨相場が動きはじめた。とはいえ、年末年始休暇で商いは薄い。そうしたなか、ビットコイン(BTC)は40万円から42万円のレンジ相場で動いた。

   米ニューヨーク株式市場の「アップル・ショック」に起因して、外国為替市場はドル円相場が急落。ドル売り圧力が強まったが、仮想通貨相場はイーサリアム(ETH)が前週から15%超の大幅上昇で、他の仮想通貨が連れ高したため、大きな下落には至らなかった。マネックス仮想通貨研究所は、ドル売り資金の逃避先として「BTC買いに動いた投資家も一定数いると考えられる」と報じていた。

   早稲田大学のTKHは、今週は取引をお休み。明治大学のホフマンは「お年玉がもらえた」と喜んだ。基準の1万円を回復している。慶応義塾大学の馬医金満もニンマリ。國學院大学の億トレーダーはリップル(XRP)を「信じて」応援しつつも、冴えない結果となった。

  • 明治大、「お年玉」もらった!
    明治大、「お年玉」もらった!

今年はXRPで巻き返す!(早稲田)

   仮想通貨市場は、年末年始を含めたこの1週間、値動きは比較的穏やかだった。この期間は資金の流動性が低下することから、大きな値動きを警戒していたが杞憂に終わったようだ。

   ただ、基本的には「買い」の目線での投資を考えているため、用心深いに越したことはない。2018年12月25日の10%マイナスの下落から、多少のボラティリティはあるものの1ビットコイン(BTC)=40万円の水準をキープし続けていたことを考えると、長かったベア相場もそろそろ終局にあると期待したくなるものである。

   この1年間、塩漬け勢以外の仮想通貨投資家、投機家にとって苦難の多かった日々であったが、年単位で見れば2018年の下落は非常に納得いくものであるし、まだバブルが本格化する前の2017年1月、2月のBTC及び主要アルト通貨の価格を、2018年初めの価格と比べてみれば、ほとんどが上がっているのもまた事実である。

   過去も含めて長い目で見れば、市場全体は未だ右肩上がりにあるし、水面下の法整備などのさまざまな取り組みも着実に行われているため、悲観的になるには早すぎると感じる。

   今週は取引を見送ったが、現在1リップル(XRP)=38.185で100xrp分の「買い」注文を出している状況である。2019年度からはBTCとの連動性が高く、なおかつボラティリティ(変動幅)が大きいXRPで、他大学に巻き返しを図りたい。

保有する通過      なし
前週からの損益    プラス・マイナスゼロ
2019年1月4日現在       1万173円

年越し前に復活!(明治大)

   こんにちは。すでに成人ですが、お年玉はもらいたいホフマンです。

   さてさて、仮想通貨取引のほうも、早めのお年玉をもらえたようです! 前回、1ビットコイン(BTC)=40万1000円から入れていた買い注文が宣告どおり、43万円の指値を通過し、利益を確定できました。

   12月29日(土)、プラス804円です!

   2018年は、年末を超えてからは下がるばかりの相場でした。年末につけた高値付近から急降下していきました。今回は、やはり1BTC=40万円が意識されているように思います。

   結論としては、40万円は割れると考えます。40万円割れの前に、47万円くらいまで、BTCの値段は上がるかもしれませんが、それ以上がらないことを確認したうえで、降下がはじまり40万円で一度バウンドした後、30万円台に突入するというシナリオが、僕の読みです。

   なので、売り指値を47万5000円に置いてこうと思います。正月でゆっくりしたいので、大雑把なトレードですが、間違いはないと思います。

   47万円の指値が入った場合は、損切りは49万円。利益確定は、41万円でいきたいと思います。

保有する通貨  なし
前週からの損益     プラス804円
2019年1月4日現在    1万221円

ETHを買う!(慶應大)

   みなさん、こんにちは。馬医金満です。

   あけましておめでとうございます! 新年、いかがお過ごしでしょうか。

   仮想通貨業界で、2018年末の大きなニュースといえば、リップル(XRP)とイーサリアム(ETH)の時価総額の順位が入れ替わったことでしょうか。2018年半ばにイーサリアムを追い抜かしたXRPですが、それから2か月経たないうちにまた、順位が以前のように戻ってしまいました。

   というわけで、僕はしばらくXRPの価格が低迷し、一方でETHは上がっていくと思います。まあ、1か月くらいの話ですかね......。

   1月2日(水)

   ニュースを見た後にETHを、1ETH=15,768円で6000円分、買いました! 執筆時点で16,203円なので、微増しています。今年もこの調子で勝ち続けていきたいです。 試験が近づいているので短期取引に精を出せないでいるのですが、試験が終わったら仁汁たくさん取引したいと思います。

   では、今年もよろしくお願いいたします!

保有する通貨  ETH
前週からの損益     プラス166円
2019年1月4日現在    1万4861円

XRPを信じる!(國學院大)

12月31日(月)

   きょうは平成最後の年末!!

   2017年の年末と同じように行けば上昇相場になるはずだったが、18年はそうは行かなかった。40円台で始まったリップル(XRP)だが、終値は38円台と日経平均株価と同様、年初よりも下落した水準だった。

   ちなみに、2018年元日のXRPの終値は243円台だったので、年末は元旦の6分の1の値段まで、大きく下げたことがわかる。

   しかし、XRPが将来必ず実用化されると信じているので保有し続けたい!

2019年1月1日(火)

   新年あけましておめでとうございます!!

   テッペン取るはずが、含み損を抱えている億トレーダーです!

   今年は、XRPがビットコイン(BTC)を抜き、時価総額1位になる年であると信じていす! 実現したら、このバトル、おもしろいことになるんじゃないかなって思ってます!

   是非是非、皆さんもXRPを応援してあげてください。お願いします。

   この日の始値は38円台。終値は39円台後半でした。出来高は少なかった。

1月2日(水)

   きょうのXRPの高値は40円台。安値は39円台で、終値は39円台後半だった。レンジの小さい一日だったが、出来高は前日と比べて多かった。相場は横バイのままで、このまま推移すれば数日後に日足の一目均衡表(時間の概念を取り入れたチャート。基準線、転換線、遅行スパン、先行スパンでつくられる雲(抵抗帯)を、ローソク足のチャートと比べて価格水準を判断する)の下降雲の中に入る。その時に、動きがあるのではないかと考える。

1月3日(木)

   XRPは39円台で始まり、終値は38円台で下落した。出来高は少なかった。これは前日に開場したFXのほうに資金が流れているからではないかと考える。なぜなら、年初はドル円相場が大幅に円高方向に向かったため、ボラティリティ(変動幅)が大きく、稼げる相場だったのが影響している。仮想通貨もFX同様、稼げる相場に転じて欲しい!!

1月4日(金)

   きょうのXRPは38円台で始まり、終値も38円台だった。2019年最初の週は横バイと、方向感のない相場だったが、もし下落相場になったとしても、絶好の買い場だと信じて全力でXRPを応援したい!!

保有する資産          XRP
前週からの損益    マイナス452円
2019年1月4日現在      7579円

プロフィール
早稲田大学 TKH
政治経済学部2年。趣味は釣りと読書。最近、健康を気遣ってジムに通い始めました。早稲田大学投資サークルForwardに所属。仮想通貨投資は2017年に始めたばかり。投資経験は大学に入って少しかじった程度だが、この1年間はきちんと市場に向き合って利益を得られるよう努めたい。
明治大学 ホフマン
政治経済学部2年、宮崎県出身。好きな芸能人は、ビートたけし。趣味はエレキベース、DJ。最近は映像やVR作品の作成もスタートした。2017年11月から仮想通貨のトレードをスタート。草コインといわれる底辺コインに手を出し資産20倍などを体験したものの、バブルがはじけて激減。取引のbotの作成に取り組むが断念。今回は1万円を元手に取引するということで、1年かけて50%の増額を目指したい。
慶應義塾大学 馬医金満
環境情報学部2年。周りの友達の多くが情報系、バイオ系の研究をしているなか、元日銀審議委員の教授の下、金融政策を学んでいるマイノリティ。4つのアルバイトを掛け持ちして、年に10日もフリーな日がない。仮想通貨の取引歴は1年ほどで、まだまだ初心者。現在、ブロックチェーン技術そのものの仕組みと、時事ニュースに興味津々。仮想通貨で現金100倍! が目標。
國學院大學 億トレーダー
経済学部3年、埼玉県出身。尊敬する人は、井戸実、本田圭佑、大谷翔平、錦織圭。理由は、明確な目的に向かって貪欲に努力できる人だから。将来はスマートフォンのように人々にとって必要不可決なモノを生み出し、世界的な起業家になるのが夢。株式投資をきっかけに投資の世界に入ったが、現在はFXやCFD(Contract for Difference=差金決済取引)を中心に取引している。テッペン狙います!!
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中