2020年 10月 20日 (火)

働く主婦の家計2019 「厳しくなる」「楽になる」の二極化 いったいなぜ? 専門家に聞いた

送料無料/乳酸菌ごぼう茶

「在宅で仕事ができ、資産運用も順調」

   一方、逆に「ゆとりができそう」と回答した人の意見は――。

「遺産を相続した」(40代:正社員)
「夫が出世した」(40代:今は働いていない)
「ローンを返し終わった」(30代:正社員)

などの、ハプニング的な収入増をあげる人が目立った。

   また、自分から積極的に仕事を始めた人も多い。

「在宅で仕事できる環境が整ってきた」(40代:SOHO/在宅ワーク)
「資産運用が上手くいっている」(50代:派遣社員)
「働く選択肢が増えて掛け持ちが出来る」(30代:パート/アルバイト)
「10年ぶりに私が仕事を始めた」(40代:派遣社員)

などだ。

   さらに、子どもが大きくなって、おカネがかからなくなった人も少なくない。

「子供が就職し、学費の負担がなくなる」(50代:派遣社員)
「子供が小学生になるので、保育料を払わずにすむし、働く時間が確保しやすくなる」(30代:SOHO/在宅ワーク)
「末っ子が中学生になり、やっと扶養から外れて働ける」(40代:派遣社員)

などだ。

   ところで、働く主婦が本業の仕事以外に家計を増やすには、どうしたらよいか。その方法を聞くと(複数回答)、「ポイントをためる(Tポイントなど)」(42.2%)で、次いで「副業」(41.3%)、「中古品など所有物を売る(メルカリ・ブックオフなど)」(38.3%)が、ベスト3となった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中