2019年 11月 19日 (火)

ビジネスメールに「絵文字」使う人、意外に多い! チャットでは6割がOKなワケ

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   「先日はありがとうございました(^^)」「ぜひ、よろしくお願い致しま~す(^0^)ノ」「ご迷惑をおかけしました(m(*- -*)m)」......。こんな絵文字(顔文字)入りのビジネスメールがきたらどう思うだろうか?

   「失礼だ」「ビジネスマナーを知らないな」と不快に思う人が多いのではないだろうか。

   ところが、ビジネスメールで絵文字を使うことに賛成する人が3割、特にビジネスチャットでは6割の人がOKという調査結果がまとまった。「今日の常識は明日の非常識」(ドラッガーの金言)と言われるほど変化が激しいのがビジネス界だが、いったいどうなっているのか。

  • ビジネスメールに絵文字はアリ?
    ビジネスメールに絵文字はアリ?

「ビジネスに絵文字は失礼」は過去の常識?

   調査をまとめたのは、企業にタスク管理やプロジェクト管理ツールを提供している株式会社「ヌーラボ」(福岡市)。全国の20代~60代の男女1009人を対象にアンケートを実施。「ビジネスコミュニケーションにおける『絵文字』の使用に関する意識調査」を、2018年12月26日に発表した。

図表1 メールでの絵文字に賛成ですか?
図表1 メールでの絵文字に賛成ですか?

   その結果、ビジネスメールで絵文字を使用することについて、「使用すべきでない」(29.6%)より、「使用すべきだ」(31.9%)が上回った。「どちらでもない」は38.5%だった=図表1参照

   最近はビジネスチャットを使う企業が増えているが、ビジネスチャットでの絵文字の使用について聞くと、「使用すべきだ」がグンと増えて57.7%に達した。「どちらでもない」が31.2%で、「使用すべきでない」はわずか11.1%しかいなかった=図表2参照。ビジネスチャットでは、積極的に絵文字を活用しようという人が6割もいるわけだ。

図表2 ビジネスチャットで絵文字を使うことに賛成ですか?
図表2 ビジネスチャットで絵文字を使うことに賛成ですか?

   どうしてこれほど、絵文字に賛成する人が多いのか。「ビジネスメールでは絵文字はご法度」というマナーは、「昨日までの常識」になってしまったのか。J-CASTニュース会社ウォッチ編集部の取材に応じた「ヌーラボ」広報担当の五十川慈(いそがわ・めぐみ)さんはこう語った。

「正直、私自身も意外な結果に驚いています。『絵文字など失礼だ』と8割以上の人が使用に反対すると思っていましたから。これだけ賛成者が多い理由の一つは、もともとアンケートをした人々が、弊社が提供しているプロジェクトやスケジュール管理システムである『Backlog』のユーザーだったこともあると思います。これは、インターネットを通じて社内やお客さまを巻き込んで互いに課題を連絡し合いますから、チャットっぽいシステムです。ビジネスチャットのフレンドリーな雰囲気に慣れている人が多いからではないでしょうか」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中