2019年 2月 17日 (日)

仮想通貨、方向感欠く相場 早稲田大、慶應大、國學院大、そろって泣く(カソツー大学対抗戦)

印刷

   仮想通貨市場は、相変わらず落ち着かない。ビットコイン(BTC)は方向感を欠き、ほぼ横バイで推移した。韓国の仮想通貨取引所Coinnestの資金流出問題など価格の下落を誘うニュースが目立つなか、2019年1月23日には米CBOEの仮想通貨ETF(上場投資信託)の申請取り下げが明らかになり、売りが強まった。

   ただ、市場はこれを織り込み済みで影響は限定的。とはいえ、上昇気配も弱い。そうしたなか、早稲田大学のTKHは「反発」を狙うかどうか、思案中。慶応義塾大学の馬医金満はBTCの売却を躊躇したことを後悔。國學院大学の億トレーダーはリップル(XRP)の復活を念じる。こんな市場では我慢するに限るのか――。明治大学のホフマンは様子見を決め込み、じっくり投資のタイミングを計っている。

  • ここは静観した明治大学が「正解」!?
    ここは静観した明治大学が「正解」!?

「反発狙いの買い」は聞こえがいいけど......(早稲田大)

1月23日(水)

   1月19日21時ごろ、ビットコイン(BTC)はいきなり急上昇したかと思えば、たった半日程度で急落。1BTC=39万円割れを再び起こし、先週よりも低い水準で推移し始めた。前日の22日に下落は進行し、37万円台まで割り込んだものの、そこからはいったん回復し現在39万円台前半にある。

   長期の下落トレンドは、今週も続いていきそうだ。

1月25日(金)

   今週もポジションは特に変更していない。資産の内訳としては、日本円が2437円と200リップル(XRP)の合計で9330円と、徐々に資産を減らしてしまっている状況にある。

   市場トレンドが長期下落局面にある今、中長期のホールド(保有)目線はいささか確実性に欠けてしまっているように感じている。本来であれば、仮想通貨市場から一たん身を引くのも選択肢のひとつとしてもあり得るのだろうが、1年間の対抗戦である以上、ここからでも巻き返しの図れるような戦略を練っていかねばならないと感じている。

   そこで結局、下落基調の中でボラティリティを利用するほかないと思い、反発狙いの買いを短期的、かつ継続的に仕掛けていく方向性に転換すべきと考えている。まだ、少々悩んでいるが......。

   主要なアルト通貨、たとえばイーサリアム(ETH)などは最高値から、今や90%超もその価格を落としている。こんなに下がった今、「反発狙いで買いだ!」というのは聞こえこそいいが、やはりあまり現実的とは思えないのだ。

   長期的な保有は、仮想通貨市場の現状を鑑みるにリスクが高すぎるかもしれない。

保有する通貨  XRP
前週からの損益  マイナス335円
1月25日現在  9330円

プロフィール
早稲田大学 TKH
政治経済学部2年。趣味は釣りと読書。最近、健康を気遣ってジムに通い始めました。早稲田大学投資サークルForwardに所属。仮想通貨投資は2017年に始めたばかり。投資経験は大学に入って少しかじった程度だが、この1年間はきちんと市場に向き合って利益を得られるよう努めたい。
明治大学 ホフマン
政治経済学部2年、宮崎県出身。好きな芸能人は、ビートたけし。趣味はエレキベース、DJ。最近は映像やVR作品の作成もスタートした。2017年11月から仮想通貨のトレードをスタート。草コインといわれる底辺コインに手を出し資産20倍などを体験したものの、バブルがはじけて激減。取引のbotの作成に取り組むが断念。今回は1万円を元手に取引するということで、1年かけて50%の増額を目指したい。
慶應義塾大学 馬医金満
環境情報学部2年。周りの友達の多くが情報系、バイオ系の研究をしているなか、元日銀審議委員の教授の下、金融政策を学んでいるマイノリティ。4つのアルバイトを掛け持ちして、年に10日もフリーな日がない。仮想通貨の取引歴は1年ほどで、まだまだ初心者。現在、ブロックチェーン技術そのものの仕組みと、時事ニュースに興味津々。仮想通貨で現金100倍! が目標。
國學院大學 億トレーダー
経済学部3年、埼玉県出身。尊敬する人は、井戸実、本田圭佑、大谷翔平、錦織圭。理由は、明確な目的に向かって貪欲に努力できる人だから。将来はスマートフォンのように人々にとって必要不可決なモノを生み出し、世界的な起業家になるのが夢。株式投資をきっかけに投資の世界に入ったが、現在はFXやCFD(Contract for Difference=差金決済取引)を中心に取引している。テッペン狙います!!
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中