2022年 10月 6日 (木)

グーグルに62億円の制裁金 GDPRが単なるGAFA包囲網の「脅し」でない理由

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

制裁はグーグルにとどまらない

   CNILによれば、2017年のグーグルの全世界の総売り上げ、約960億ユーロ(約12兆円)の「4%以下」を基礎に、他の事情を考慮して5000万ユーロ(約62億円)の制裁金を算定した。グーグルの経済規模からすれば、制裁金はグーグルのビジネスに大きなダメージを与えるほどの金額ではない。

   むしろ深刻なのは、グーグルの情報提供の仕方と同意の取得方法について、GDPR違反と判断されてしまった以上、グーグルやグーグルに関係する企業が個人データの取り扱いについて大きな方向転換を迫られているという点だ。

   グーグルが、(グーグルにとっては少額であるずの)制裁金の決定に対して不服申し立てを起こそうとしていることも、こうした事情が背景にあると思われる。

   日本では、グーグルに巨額制裁金が課されたことは、「GAFA包囲網」の一事象として注目されている。他方、CNILが2018年から複数の企業に対して透明性や同意取得についてのGDPR違反を警告していたことは、日本ではあまり知られていない。

   2018年11月9日、CNILは新興アドテクノロジー企業の「Vectaury」がGDPRに違反していると警告。3か月以内に不適切に取得した個人データの削除と適正な同意取得のプロセスを構築するよう求めているが、同社が期限内にCNILの求めに応じない場合には、グーグルと同様に巨額の制裁金が課せられる可能性がある。

   CNILが問題としていたのは、ここでもデータ主体からの同意取得が適切になされていないという点だ。つまり、EUではグーグルに制裁金が課される以前から、広告業界を中心に、同意取得の在り方が大きな問題になっていたことがうかがえる。

   今回のグーグルに対する制裁金は、GDPRがGAFAにとどまらず、インターネット・ビジネスを展開する企業に、大きな転換を求めていることを象徴する出来事と見たほうが賢明だろう。(牧野剛)


プロフィール

牧野 剛(まきの・ごう)

東京弁護士会所属
牧野総合法律事務所弁護士法人
企業法務、なかでも知財関係事件やIT訴訟を担当。GDPRについては、規則施行直前の2018年5月に渡欧して現地の弁護士に取材するなど、力を入れている。主な著書に、「個人情報保護法相談標準ハンドブック」(日本法令共著)など。雑誌などへの執筆も行う。
東京都出身。

姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中