2019年 11月 15日 (金)

フェイクニュースを見破れ! 正しいかどうかを見極める、情報確認の原則(気になる本の散歩道)

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!
「勝つための情報学 バーチャルからリアルへ」(山村明義著)扶桑社

   個人情報を成長に生かしてきた米アマゾン。米国では最近、情報のハンドリングではソツなしと思われている同社が関与を余儀なくされた、本業以外での情報戦が注目されている。

   創業者であるジェフ・ベゾス氏の私生活をめぐるタブロイド紙との応酬。背後にはトランプ米大統領の影もチラついたが、さすが、ベゾス氏は「勝つための情報学」を備えていたらしい。

  • タブロイド紙との情報戦争を戦ったアマゾンの創業者、ジェフ・ベゾス氏。現代で「勝ち組」になるためにはフェイクを見抜く力が必要だ(撮影=Sam Churchill氏)
    タブロイド紙との情報戦争を戦ったアマゾンの創業者、ジェフ・ベゾス氏。現代で「勝ち組」になるためにはフェイクを見抜く力が必要だ(撮影=Sam Churchill氏)

ベゾス氏VSタブロイド紙

   ベゾス氏は2019年1月9日、アマゾン創業の前年に結婚、約25年連れ添ったマッケンジー夫人との離婚を発表。その直後に、タブロイド紙「ナショナル・エンクワイアラー」が、ベゾス氏が愛人と親密に過ごす様子をとらえた写真や2人の間で交わされたメールの内容を報じたものの、ベゾス氏の機先を制した発表で、記事はインパクトを欠くことになった。

   エンクワイアラー紙の発行会社のデビッド・ペッカー会長はこれを、「スクープつぶしだ」と激怒したといわれる。

   ベゾス氏は、情報戦では負けられぬとばかり、かねてより懇意の専門家らによる調査チームを組み、プライバシー漏洩の経緯や暴露された私生活の標的にされた理由を調べさせた。

   すると、どうやらペッカー会長が、ベゾス氏がオーナーであるワシントン・ポスト紙の記事に対して抱いていた不満が背景にある可能性が浮上。写真やメールの入手にも公正とはいえない手段がとられていた。

   ベゾス氏は「代償を払ってでも......」と、さらに反撃を用意。ブログで今度は、脅迫を受けていたことを暴露した。その内容は、あらたな写真を公表されたくなかったら「エンクワイアラー紙の記事には政治的意図はなさそうだという声明を出せ」というものだった。

   ペッカー会長はトランプ大統領の友人。大統領は、アマゾン嫌い、ベゾス氏嫌いで知られる。また、リベラルな論調で知られるワシントン・ポスト紙は、それまでにトランプ氏の女性問題を詳しく報じてきた経緯がある。

   ベゾス氏の反撃にペッカー会長は、エンクワイアラー紙の報道は合法的、ベゾス氏の脅迫指摘には、誠実な交渉だったと抗弁したが、苦し紛れの言い訳にしか聞こえず、かえって「政治的意図」が透けてみえる印象を与えた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中