2019年 12月 10日 (火)

ドル高値さぐる展開 慶大が焦って大損(泣)早大と一橋大が利益積み増す(FX大学対抗戦)

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   ドル円相場は2019年2月25日、トランプ米大統領が3月1日としていた中国製品への関税引き上げ期限を延期すると表明したことが好感され、一時1ドル111円を上抜けた。しかし、その後は反落。翌26日にはインドがパキスタンのテロリスト拠点を空爆したと報じられたことなどをきっかけに、ドルは下落。軟調な推移が続いた。

   注目された28日の米朝首脳会議は合意に至らず、1ドル110円台後半まで下落したが、米国の10~12月期国内総生産(GDP、速報値)が予想を上回ったことから、米国の金利上昇に伴い111円台半ばまで上昇。1ドル112円をにらむ。

   そうしたなか、慶応義塾大学が2000円を超す大損。「今週はトレーダーとして一番ダメな取引をしてしまった」と、うなだれる。明治大学も買いのタイミングを逃して悔やむ。一方、早稲田大学は米中間選挙時の苦い経験から、グッとこらえて着実にプラスを積む。一橋大学も粘り腰でプラスを確保。國學院大学は取引を見合わせた。

  • 早稲田大、一橋大が利益積み増し
    早稲田大、一橋大が利益積み増し

大負けがクスリに、着実にプラス積む(早稲田大)

   2月28日(木)

   大負けしてからというもの、通貨数量を下げてトレードをしているため、資産変動が小さくなり、非常に落ち着いてポジション判断ができている気がする。今週の目玉イベントはもちろん、第2回目の米朝首脳会談。事実、きょうのトランプ米大統領のライブ会見のあいだは、かなり市場が乱高下していた。

   前回、米中間選挙があった際に、激しく上げ下げを繰り返すドル円相場に挑み、含み損に耐えた苦い経験があったので、今回の会見時は相場を注視するにとどめておいた。

   さてトレードだが、前週の土日を挟んで持ち越したロングポジションは、その後1ドル110.92円で指値注文がササって、75円のプラスとなった。「111円台の壁」で一回反発することを見込んでの指値だったが、結果的にはうまくいったようで、ひと安心だ。

   その後、2月26日に1ドル110.60円でロングポジションを持ったが、2時間後チャートを見たときに雲行きが怪しくなってきて、すぐさま損切り。1ドル110.47円だった。

   その後、すぐに流れに乗ろうと思い、1ドル110.45円で売って110.39円で買い戻した。この二つのトレードで、それぞれ65円の損益と28円の利益となった。

   そして現在1ドル110.76円でロングを入れ、1ドル111.1円と為替相場は上向いている。寝る前に決済すべきか非常に悩ましい。現在総資産は8416円だ。

前週からの損益 プラス205円
3月1日現在     8416円

買いのタイミング、逃す......(明治大)

   今週も方針どおり、少し下がった押し目を狙いロングでポジションを持つことにする。

   2月26日(火)

   1ドル111円台に入ってしまい、買い時を逃したのでもう一回下がった時に買いたいと思う。

   2月27日(水)

   サポートライン(支持線。為替レートが過去にこれより下がらないという認識をもちやすい価格帯のこと)と考えていた1ドル110.5円を割った。ここでポジションを持ちたいところだが、サポートラインを割っているので、一旦様子見する。

   2月28日(木)

   買いを入れるタイミングを見誤って、1ドル111円まで上がるのを、指をくわえて見てしまった。

   cisさんの「一人の力で日経平均を動かせる男の投資哲学」を読んでいて、ちょうど今週の自分を反省させてくれる格言があった。「押し目待ちに押し目なし」。まさに今の自分だ......。上昇トレンドとわかっているのに、今は少し高いからと買わずに買い時を逃していた。

   以前に逆張りはやめようと言ったが、押し目も上がっているのに下がるのを待っている状況は、結局自分は「逆張りしない」と言いながらも逆張りをしていたのだ。

   ドル円は現在、1ドル112円になるかならないかの位置にいる。ただ、昨年(2018年)の様子から112円あたりでレジスタンスライン(抵抗線。為替レートが過去にこれ以上は上昇しないという認識をもちやすい価格帯のこと)が引ける。買い時も逃したので、おとなしく勝負できる相場を待つことにする。

   「待つも相場」と言うが、今週のような「待ち方」はしたくない。

前週からの損益  プラス・マイナスゼロ
3月1日現在        1万1991円

取引手法の切り替え失敗、焦って大損(慶應大)

   今週はトレーダーとして一番ダメな取引をしてしまった。というのも先週から興味本位でファンダメンタルズに切り替え、取引を行い損切りに触れ失敗に終わった。正直、ここまでは問題はないと思うのだが、その後テクニカルに戻し、焦りから大損をしてしまった。

   来週からは根拠のない取引をしないようにすることと、利益確定ラインを決めるようなトレードを控え、デイトレードで堅実に利益を出したいと考えている

   2月25日(月)

   この日は、ポジションを保ち続けた。

   2月26日(火)

   損切りラインに触れ、前週に111.001円で買ったドルを110.610円で手放した。マイナス352.25円。また、テクニカル分析を元に1ドル110.713円で、1000通貨単位で売ったものも、最初こそいい動きをしていたが、利益を追いすぎて結局110.795円で手放し、740円の損になった

   2月27日(水)

   きのうのマイナスを取り返そうとムキになって1ドル110.649円を1000通貨単位売るも、前日と同じように利益を追いすぎて110.785円で買うこととなって、1229.11円の損となった。

   3月1日(金)

   この日は取引を見送った。

   来週からは、小さい利益を重ねるようなトレードを行いたいと考えている。

前週からの損益 マイナス2256.97円
3月1日現在      1万84.63円

一時は損切り覚悟 粘り腰で勝つ(一橋大)

   2月25日(月)

   きょうは前週から保有している分の約定には至らず、平常運転。今週は米朝首脳会談が予定されており、緊張緩和に向けた施策が打ち出されるかどうかに注目している。

   2月26日(火)

   自分が寝ている間に1ドル111.233円に到達していたようで、せっかくの売りタイミングを逃してしまった。だが、腐らずに気持ちを切り替えて保有を継続。再びプラス・マイナス0.5円付近まで粘ることにする。

   2月27日(水)

   きょうは下げからの反発。一時は損切りも覚悟したが、深夜帯に何とか持ち直してくれた。

   ニュースなどを見ていると、世界的な注目は米朝首脳会談ではなく、インドとパキスタンとの緊張に向けられているらしく、空爆や戦闘機の撃墜といった軍事的な衝突がエスカレートしているようだ。

   高校時代は日本史を選択していた私は世界史の知識に乏しいので、少し調べてみるとインドとパキスタンは過去に何度も軍事的な衝突を起こしており、近年でみると2008年にインドのムンバイで発生した大規模な爆破テロにパキスタン政府が関与していたというウワサもあるようだ。両国が核保有国ということもあり、今後の動向に気を付けたい。

   このまま衝突がエスカレートするようであれば、おそらくリスク回避の円高傾向になるのか?

   3月1日(金)

   なぜか、ドルが上昇している。目標達成の1ドル111.502円で、前週からの持ち分を決済した。しかし、なぜリスクオフ(投資家がリスクの低い資産に資金を振り向ける状況。反対はリスクオン)ではなく、リスクオンの傾向になっているのか。米国株の好調に引っ張られているのだろうか......。

前週からの損益  プラス770円
3月1日現在    1万2746円

多忙のため、取引見合わせ(國學院大)

前週からの損益  プラス・マイナスゼロ
3月1日現在        3万590円

プロフィール
早稲田大学 TK
現在、投資サークルForwardに所属。投資経験は大学に入って少しかじった程度。FX取引の経験はまったくなく、このFX大学対抗戦が初めて。「早稲田」の名に恥じぬよう、学びながら積極的に取引していきたい。将来は金融関係の職業に就きたいと、漠然と考えている。神奈川県出身。
明治大学 レン
経営学部2年。FX取引はデモで少しやった程度の初心者。趣味は麻雀。押し引きが投資に似ている気がする(笑)。学びながら他大学の様子も見つつ、うまくやっていきたい。東京出身。
慶應義塾大学 ミリオネア
法学部1年。FX取引も、株式も、高校卒業とほぼ同時に勉強を始めた初心者。好きな食べ物は小籠包。嫌いな食べ物は生タマネギ。将来は金融系の仕事に就きたいと思っている。今の目標は、このFX大学対抗戦で勝つこと! 1万3000円台まで儲けたい。
一橋大学 ハマチ
経済学部2年。趣味は、株式投資の銘柄探しとパソコンゲーム。週末は家でゆっくり過ごすのが定番。これまではファンダメンタル分析を軸にした株式投資に注力してきたが、FX投資は初挑戦。このコンテストの中で実力を磨き、トップを狙う。宮城県出身。
國學院大学 ネオニート
経済学部3年。埼玉県出身。趣味は散歩。昼は大学生、夜はキャバクラのボーイをしている。将来は、為替ディーラーになりたい。自分のトレードスタイルはデイトレードで、主に移動平均線によるテクニカル分析を用いている。取引する時間帯はロンドン時間からニューヨーク時間にかけて。重度のめんどくさがりだが、毎週更新、がんばります!
Twitterアカウント:https://twitter.com/tora__sub
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中