2019年 10月 17日 (木)

30代・40代「貯蓄ゼロ」23.1%...... お金が貯まらないのは「働き方改革」のせいかも

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   貯蓄について、多くの人がリタイアまでに5000万円ほどほしいと考えている一方で、いまの貯蓄額が50万円以下という人たちがほぼ半数だったことが、三井住友フィナンシャルグループのSMBCコンシューマーファイナンスの「30代・40代の金銭感覚についての意識調査」(2019年版)でわかった。2019年3月6日の発表。

   働き方改革の影響で、消費の新潮流が生まれた。調査によると、働き方改革で就業時間が短くなり「フラリーマン」が増加。消費の機会が増えて、貯蓄に回らなくなったらしい。

  • 30代・40代、お金がない……
    30代・40代、お金がない……

リタイアまでには5000万円超貯めたい

   SMBCコンシューマーファイナンスでは、「30代・40代の金銭感覚についての意識調査」を2017年から3年連続(「20代」は2014年から)で実施している。

   30代、40代は労働力の主力だが、年金受給などを含め、しばしば将来の生活について不安を指摘される。調査では、仕事をリタイアする年齢までに、どのくらいの貯蓄があれば安心だと思えるかを聞いたところ、「500万円超~1000万円以下」が18.1%で最多。しかし、他の金額帯との差はあまりなく、「3000万円超~5000万円以下」(16.8%)や「2000万円超~3000万円以下」(15.4%)、「5000万円超~1億円以下」(15.4%)と割れた格好。平均額は 5214万円だった。老後生活を安定的に過ごすためには妥当なところか。

kaisha_20190311185643.jpg

   ところが、貯蓄額を聞いたところ、23.1%が「0 万円(貯蓄ができていない)」をチェック。「1万円~50万円以下」が24.6%で、ほぼ半数の人が貯蓄額50万円以下という結果になった。2018年の調査では、「貯蓄なし」は17.1%。景気回復で賃金上昇が伝えられたが、どうやらその分は貯蓄に回らなかったようだ。同社では「貯蓄に充てる分のお金を消費に回したという人が増えたのではないか」とみる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中