2019年 5月 24日 (金)

「若者よ、海外旅行を目指せ!」 旅行業者らが奮発 タダで行かせます!

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   「可愛い子には旅をさせよ」という言葉があるが、若者の海外旅行離れが深刻だ。「カネがない」「治安が悪くて怖い」などというのが理由だというが......。

   せっかく海外からの旅行者が増えているのに、これでは「本当のおもてなしができない」と、観光庁や日本旅行業協会が中心になり、20歳の若者をタダで海外旅行に行かせる企画、題して「『ハタチの一歩』~20歳 初めての海外体験プロジェクト」を開始した。

  • 海外旅行は楽しいのに…
    海外旅行は楽しいのに…

観光庁と日本旅行業協会が「20歳」200人を後押し

   観光庁によると、2018年の訪日外国人は3000万人を超え、過去最高を記録した。一方、海外に旅行する日本人は約1800万人と前年より微増したものの、訪日外国人の躍進ぶりに比べれば横バイ状態が続いている。なかでも20代若者の海外旅行離れが深刻で、1996年の462万人をピークに2014年には269万人に落ち込み、ずっと低水準が続いている。18年間で4割以上も減ってしまったことになる。

   どうして若者は海外旅行に行かなくなったのか? J-CASTニュース会社ウォッチ編集部の取材に応じた日本旅行業協会海外旅行推進部の薦田祥司(こもだ・しょうじ)さんは、こう説明する。

「観光庁のアンケート調査によると、3つの理由が大きいですね。7~8年前にIS(イスラミック・ステート)などのテロが頻発して治安が悪くなり、外国は怖いという漠然とした不安があること。次におカネがなく、どうせ費用をかけるならデジタルに使いたいという意識が高いこと。最後に海外は言葉が通じないから不便だそうです。言葉の問題は昔からあったはずですがね...」

と笑った。

   そこで、観光庁と日本旅行業協会が中心になり、ANA(全日空)やJAL(日本航空)、成田国際空港、関西エアポート、中部国際空港などの運輸関係事業者、各国の駐日大使館などの協賛を得て、「ハタチの一歩」プロジェクトを始めた。

   無料で海外旅行を提供する対象者は、2019年4月2日時点で満20歳、これまでに一度も海外に行ったことがなく、日本国籍を持っている人だ。計200人を募集する。旅行代金は「0円」だが、燃油サーチャージ、海外空港諸税、国際観光旅客税、国内空港施設利用料などは別途徴収するう。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中