2019年 10月 18日 (金)

職場の仲間は「チームメイト」「イケメン」パラアーチェリー、上山選手の素顔

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   2020年の東京オリンピック・パラリンピックまで、あと500日。いよいよ、これから選手たちが代表選考という「関門」に挑む一方で、晴れの大舞台でのトップアスリートたちの活躍を、いまから楽しみにしている人は多い。

   そんな注目のアスリートの一人に、三菱電機に所属するパラアーチェリーの上山友裕(うえやま・ともひろ)選手がいる。その腕前は「国内最強」。来るTOKYO2020で、金メダルの獲得に大きな期待がかかっている。さらには、さわやかなルックスと屈託のない笑顔が魅力の「イケメン」アスリートとして、女性ファンが急増している。その素顔に迫る。

  • 「パラアーチェリーを多くの人に見に行てほしい」(写真は、上山友裕選手)
    「パラアーチェリーを多くの人に見に行てほしい」(写真は、上山友裕選手)

大会前に必ず食べる「たこやき」が大好物

   競技中の上山友裕選手はとても凛々しく、的を真剣に見つめる横顔は、なるほど「イケメン」だ。海外の人気も高く、タイでの試合では、上山選手の前に女性ファンが列をなしたことがあるほど。

「正直、イケメンというのは、自分のキャラクターではないので。もちろん、周りからそう言われることはうれしいですし、ありがたいことですけど......」

と、少々戸惑いぎみではあるものの、

「自分は学生時代からずっと三枚目キャラ。『イケメンですね』って、言われてもなんて返したらいいかわからなくて。最近は、『ホンマありがとう。でも、そんな褒めてくれても、サインは1枚までやで』って、ボケながら返すようにしています」

   そう言って、笑う。

   そんな上山選手には、競技中の凛々しい雰囲気からは想像しづらい、可愛らしい一面がある。

「じつは、ライオン・キングが好きなんです」

   なかでも「シンバ」(子どものライオン)がお気に入りだそうで、部屋にはキャラクターの大きなぬいぐるみが置いてあるとのこと。また、競技で使う矢入れには、ライオン・キングのピンバッジがついていて、前回のアジア大会をはじめ、大会時にはお守りのように持ち歩いているそうだ。

   生まれも育ちも、大阪は東大阪市の出身。試合前の「勝負メシ」は「たこ焼き!」と即答するほどで、「たこ焼きは、まさにソウルフード。伊丹空港ではたこ焼きが売っているので、海外の試合の前に食べていきます」と話す。

   海外遠征にはレトルトカレーを持って行くようにしている。「便利ですし、海外の食事は口にあわないこともありますから。その点、2020年は東京大会なので、好きなものが食べられてうれしいです。たこ焼きも食べられますしね」。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中